自転車のある生活

貯金無し門限有りのお小遣い制週末ぽたりすとの徘徊日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ペダリングのイメージ

今回はペダリングについて僕が持っているイメージを適当に書いてみます。

自転車のペダリングに対して僕は「ぶらんこ」のようなイメージを持っています。

どういうことかというと、ペダリングのコツは「リズム」と「タイミング」だということです。
ペダリングには適切なリズムとタイミングがあって、それがぴったりはまった時は
クイクイッと気持ちよく加速し、上りもスイスイ進む。

逆にリズム感なく、ただ単に力を込めた場合は、入力の割に進まない、そんなイメージ。

ぶらんこも同じで、振り子のリズムに合わせて適切なタイミングで漕いでやれば、
ぐんぐん加速しますよね。
逆にリ ズム感なくガムシャラに力を込めても振り子は振れず、場合によっては振り子の勢いを
止めてしまう。
そのイメージが僕的には自転車のペダリングと被るのです。

このイメージは単なる思い込みではなく、(ある程度)正しい感覚だという実感はありますし、
たぶん僕と同じように感じたことのある人は結構いるんじゃないかな?

とはいえ「リズム」と「タイミング」という抽象的な表現だけだと情報価値は低いので、
具体的にギア比、ケイデンスがなんぼで、クランクが何時の位置のときに力を入れて・・・
といった情報が大事なのでしょうけど・・・
あんましうまく説明できません(爆)

ってこれだけじゃアレなので、僕にとっての「適切なリズムとタイミング」をもう少し具 体的に表現してみようと思います。
(あ、ちなみに想定しているのは柳谷とかのヒルクライムTTでの話です。あくまで「僕にとっての」話です(無価値)
・ケイデンスは90±5rpmくらい(シッティング時)
・力まないと回転数が維持できないと感じたらさっさとギアを軽くする
・逆にギアが軽すぎてケイデンスが上がりすぎるようならギアを重くする
・クランクの回転速度(角速度)はなるべく一定に保つ
 →上死点、下死点はスムーズに通過させる。
  ペダル上死点までは太ももをしっかりと引き上げて、上死点を勢いよく通過させ、そのまま足を振り下ろす

だいたいこんなイメージで僕は漕いでます。

ケイデンスは個人差があるでしょうし、勾配変化への対応やギア変更のタイミングも漕ぎ方
(シッティング/ダンシング)などで個人差がありそうなので、やっぱりあまり参考にならないかもですね(やっぱり無価値)

あ、でも「クランク回転速度(角速度)をなるべく一定に保つ」というのは誰にも共通して言えるかな?
(異論、反論は受け付けますが、それに対する適切な回答はできません(無責任)

あ、気付いたら「リズム」「タイミング」の話から、「ヒルクライムTTの走り方」に変わってるような気が・・・
でも書き直すのが面倒なのでせっかく書いたのでこのまま記事にします(爆)


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
  1. 2016/11/21(月) 15:37:14|
  2. ペダリング
  3. | コメント:4

炭を入手しました

どうも、金魚です。

ネタ不足ですっかり過疎化してしまっている当ブログですが、久々にまあまあホットな話題ができましたので、ご報告です。

とうとうカーボンバイクを手に入れてしまいました。

CARRERA SL950 2016
SL950.jpg

メーカー試乗車上がりのアウトレット品を某自転車店で特価で手に入れました。

この夏あまり乗れ(乗ら)なかったり、仕事のストレスが物欲に変わり、半衝動的にポチってしまいました。

10/30(日)の朝に店舗に引き取りに行き、調整がてら自宅まで乗って帰りました。

簡単な感想ですが、とりあえず軽いです!
Viperよりたぶん2kgくらい軽くなりました。
走りについても、出足の軽さと上りの軽さはさすがに違いを感じます。
ただ、平坦の巡航は体感的にはまだわかりません(そこまでちゃんと乗ってない

その日の夕方に試走がてらレーゼロに履き替えて柳谷大阪側を走りましたが、
まだうまい走らせ方がつかめてない感じで、結構頑張ってみたけどタイムも
12分21秒と、直近(先週)のViper+ZONDAの結果(12分38秒)から17秒しか変わらず…(汗
もう少し乗り込む必要がありそうです…

現在の課金レシオは約1.35(万円/秒)

期待したほどタイムが変わらず、変わったのは預金残高と家族の視線だけ…
とかは切なすぎるので…
モットガンバラネバ…(;´Д`)


あ、あと乗り味もクロモリViperとは全然違いますね。

Viperは踏み込んだ時一瞬のしなりというかタメみたいな感覚があるのですが、
こいつはそれが全然ない感じ。
踏めば踏んだだけタイムラグが無く推進力に変換される感じ。
どちらが良い悪いではなく、種類が違う印象です。

クロモリは「ミョーンミョーン」、カーボンは「スッスッ」って感じ(意味不明(-_-;)

ま、まあまだ感想を述べれるほど乗ってないので、もうちょい乗ってから
そのうちレビュー的な記事でも書こうかな。

今回はとりあえず報告まで。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
  1. 2016/10/31(月) 03:06:27|
  2. ロードバイク
  3. | コメント:6

その後

9月中旬頃からぼちぼちチャリを再開してからひと月ちょいが経過しました。

とりあえずお決まりの週末柳谷を続けています。

大阪側はほぼ毎週末走って、タイムも一応計っていました。
結果はずっと13分台後半~14分あたりをうろうろしてましたが、今週末の土日にようやく13分7秒、12分38秒と結果が伴ってきました(^^)

さすがにすぐにはベスト時と同じパフォーマンスまで戻すのは難しいですが、最近ようやく少しずつ調子が戻ってきつつあります。

これからは寒くなるし、ちょっと厳しいけれど、一応今年の最大の目標である長岡京側13分台はまだ諦めてないので、もうちょっとあがいてみようと思います。

それはそうと、今回チャリを再開してみて、ポジションに違和感を感じ、少し変更してみました。

具体的には、サドル位置を1cmくらい前方にずらしました。

これまで僕は通常よりサドル位置を1cmくらい後方にセットした、後乗り(というのかな?)で乗っていたのですが、ハンドルが少し遠く感じたのと、上りでどうもペダルに力を伝えきれてない感触を感じたため、サドル位置を真ん中に戻しました。

結果、平地ではちょっと違和感が生じてしまいましたが、上りではペダルにしっかりと荷重出来ているような感触で、タイムも12分台が出せたので、上りに関しては悪くなさそうです。
サドルの最適な前後位置は、平坦と上りで若干変わる気がしますね。。。
上りはペダルにしっかり体重をかけられるポジションを探っていくと、やや前荷重になる気がします。

また、ハンドル位置が近くなったのでだいぶハンドリングが楽になった気がします。

サドル位置はほんの数mm変えてもけっこう感触が変わるもんだなぁ、と今更感じました。
サドル位置についてはもうちょっと試行錯誤の余地がありそうです。

とまあ今年も残るところあと2ヶ月と少しになりましたが、怪我なく楽しみたいですね。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
  1. 2016/10/24(月) 00:16:55|
  2. ロードバイク
  3. | コメント:0

ぼちぼち再開

どーもご無沙汰してます、金魚です。

すっかりブログもライドもサボってましたが、一応生きてます(^_^;)

ここ3、4カ月くらい忙しくて、どんどんチャリに乗る頻度が減ってしまいました。
7月までは何とか週末に乗っていて、月曜道上の海の日ライドやFRAT練にも参加させて
もらったりと、それなりにネタもあったのですが、仕事が忙しくて記事にする元気がなく…
8月に至っては一度もロードに乗れず(´д`|||)

先日、9/17と9/22に、ほんと久しぶりにロードに乗りました(^_^;)

柳谷も上ったけど、大阪側が約14分、長岡京側が約17分と、
このひと月半ですっかり衰えておりました(´д`|||)

てもまあ久々に外を走れてめちゃ気持ちよかったです!
もうしばらくは忙しく、なかなか満足に乗れない日が続きそう
だけど、無理の無い範囲でライドもブログもボチボチ再開して
いきます(^^)



にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
  1. 2016/09/23(金) 21:27:18|
  2. 雑感
  3. | コメント:0

レーゼロのハブメンテ

久々の更新(^^;)
今回は久しぶりに整備ネタです。

レーゼロを買ったのが今年の1月。

今まで約5ヶ月間、距離にしておよそ2000km程度使用したくらいか。

そろそろメンテしたほうが良いかなと思い、点検も兼ねてリアハブのグリス交換をしてみた。

今回使用したグリスがこれ。
Finish Line のセラミックグリース。
KIMG2107.jpg

今までグリスは何種類か試してきたけど、最近はFinish Lineのテフロングリースに落ち着いていた。
KIMG2124.jpg

こちらは粘度が高く、バターみたいに硬めのグリス。
ハブの回転性能にどれだけ寄与するかは?だけど、耐久性が高そうなので、最近ZONDAにはこちらを使用していた。

今回は興味本位でセラミックグリースを購入してみた。
どちらも値段は1000円ちょっとで、同じくらいの値段なのだが、内容量がテフロングリースが100g、セラミックグリースが60gなので、セラミックグリースのほうが割高である。

セラミックグリースを手に取った印象としては、かなり柔らかめでさらさらした感じ。
色も半透明で、テフロングリースとは全く別物だった。

レーゼロのリアハブだが、ばらしてみるとフリー側が真っ黒だった…(;゚Д゚)!
KIMG2109.jpg

雨の日は乗ってないし、2000km程度でここまで汚れているとは…
まあ、カンパ系のハブのシールはオマケみたいなもんだというのはZONDAで経験済みではあったが、
改めてこまめなメンテの必要性を感じた。

ちなみにレーゼロとZONDAはハブの構造が全く一緒なので、メンテの方法も同じ。
さすがに作りはレーゼロの方が上だと思うが。
セラミックベアリングもいい仕事をしてくれている…はず?(^^;)

対して反フリー側はなぜか綺麗なままだった。
KIMG2111.jpg
こちらはあえてグリス交換する必要はなさそうだったが、ついでなので一応交換しておいた。

元のグリスはカンパ純正グリスなのだろう。
こちらは粘度はセラミックグリースより少し高めだけど、硬すぎず柔かすぎず、AZのウレアグリースに色も硬さもよく似た感じだった。

グリス交換してみて、回転性能の差は正直わからない(^_^;)
まあ、元々レーゼロは玉当たり調整をしっかりしていれば素晴らしい回転をしていたので、
グリス交換前後で体感できるほどの差は正直ないと思う。
それよりも、定期的なメンテによってハブを良好な状態で長持ちさせる目的が主であると考えている。

それにしてもカンパハブのシールの弱さはもうちょっとどうにかならんもんだろうか…。

あ、あとグリス交換後、ラチェット音がかなり大きくなった。
柔らかいグリスだと音が大きくなるのかな?

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
  1. 2016/06/14(火) 01:30:16|
  2. 整備
  3. | コメント:8
前のページ 次のページ

プロフィール

金魚ちょうちん

Author:金魚ちょうちん
自転車通勤をきっかけにクロスバイク、ロードバイクとはまってしまいました。
京都は西山を中心に峠を徘徊しています。
所有バイク:
 ロード:Basso Viper
 クロス:Giant Tradist

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (18)
ロードバイク (19)
クロスバイク (0)
ヒルクライム (38)
STRAVA (1)
関西ヒルクライムTT (10)
自転車道場 (0)
通勤 (2)
O.H.C (4)
ペダリング (3)
柳谷登坂隊 (3)
ポタリング (2)
整備 (2)
レース (2)
月曜道上 (2)
パーツ (1)
雑感 (1)

カウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。