自転車のある生活

貯金無し門限有りのお小遣い制週末ぽたりすとの徘徊日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夜練してみた

前回の記事で、平日夜練用にローラー台を検討していると書いたが、色々考えて、やっぱりできるだけ実走したいなぁ、という思いが捨てきれず、帰宅後に今後の夜練コースの探索を兼ねて昨日、一昨日と走ってみた。
もし無理なく続けられそうなら、実走で頑張ってみようかと。

まずはルートの選定。
平日夜なのでそんなに時間は取れない。
30分から、長くても1時間以内で帰ってこれるのが条件。

またターゲットは4月のトロフェバラッキなので、上りはあまり必要ない。
平坦~緩斜面で、なるべく信号に引っ掛からずある程度の距離を高負荷で走れるところ。

となると桂川とかのCRが思い浮かんだが、夜のCRは意外と危ない。
黒い服装の歩行者とか、犬の散歩してる人とかがたまにいて、ドキッとすることがある。

色々考えたら、結局自宅から10分以内で行けるさして橋(柳谷(大阪側))に落ち着いたw

でも単純に大阪側を走るだけなら面白味がないし、何より大阪側コースの後半は木々に囲まれた狭路で、夜走るのはちょっと怖い。

ということで、前半の平坦~緩斜面区間を走り、途中の橋のとこで左折して若山台方面へ行くルートを選んだ。


翌日はそれに加えて柳谷の下半分も走った。。


走ってみて、なかなかいいコースではあったが、数分程度で登り区間が終わるため、ちょっと物足りない。
でもまあ平日夜のプチトレにはちょうどいいのかも。
とりあえずここで練習しようかな。

でもやっぱり長時間連続して高負荷トレーニングするにはローラーの方が効率的で効果的なんだろうな、という気がした。

どうするべきか…
もちっと悩んでみよう。。。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村

  1. 2016/02/26(金) 20:31:09|
  2. ロードバイク
  3. | コメント:4

平日の練習をどうしよう

今、通勤帰りの電車の中でこの記事を書いてます。

電車通勤を始めて1ヶ月以上が経ちました。
それまでは自転車通勤で毎日往復35kmくらい走ってました。
帰りはトレーニングも兼ねてちょっと遠回りしたりもしてました。
その頃はそれが当たり前だったけど、今ではそれがすごく恵まれた環境だったと感じています。

職場が遠方になっただけでなく、会社も最近規則が厳しくなって、
通勤は原則公共交通機関となってしまった…

先日、弟と一緒に山城方面を走ったとき、明らかな衰えを感じました。
単に大正池とかのTTコースのタイムが落ちたというだけでなく、自転車の乗り方自体が下手くそになっている。
ペダリングがなんかしっくり来ない。
自分のイメージと実際の走りが一致せずチグハグ。
以前は何ともなかった距離で脚がピクピクつりそうになる。
最後は膝が痛くなって力がはいらなくなる…
心肺、筋力、ペダリングと、いろんな部分でタイム以上の衰えを感じた。
と同時に、今までの僕の実力は日々の自転車通勤というベースの上に成り立っていたのだということがよくわかった。

それにしても1ヶ月でここまで落ちるか…
わかってはいたけどショックだった。

それでも4月には弟とチーム組んでレースに出るので、せめてそれまでは出来る限りのことはしたい。
ソロの種目にエントリーしてたなら不甲斐ない成績でも自己責任で済まされるが、今回はトロフェバラッキなので、
僕だけ手を抜くわけにはいかない。
弟は本気で上位を狙ってたみたいだし、実際狙える実力もあると思う。
だから僕が足を引っ張って実力を出せずに終わってしまうのは弟にも悪いし、僕自身もイヤだ。
とは言え今は通勤時間が倍増した上、仕事内容もハードになり、正直平日練習する体力が残っていない。
無理してやり過ぎると、仕事や家庭に支障が出るのも目に見えているし。

ますます自転車通勤のありがたみが身に染みる。

それでも何とか練習するには、
ローラーしかないかなぁ…

実走派の僕としては、今までローラーは考えたことがなかったけど、レースに向けて効率的にトレーニングするにはそれが一番手っ取り早いんだろうなぁ。
知ってる速い人達はたいていローラーで練習してるしなぁ。

でも、ローラーにも色々あるし、どれが良いのかな?
三本ローラーがほしいけど、音とかデカイと困るし、無難に固定にするべきか?
メーカーはどこが良いのだろう?
パワトレとかハマっちゃうかな?
それともすぐ飽きるかな?
やっぱ実走の方が楽しいはずだし、無理にでも外走りに行くか!?

こんな感じで迷走中な最近(´・ω・`)

ポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
  1. 2016/02/24(水) 20:49:48|
  2. ロードバイク
  3. | コメント:8

山城エリアライド

2/21(日)

今日は弟と一緒に山城エリアを走ってきた。

4月の岡山エンデューロのトロフェ・バラッキの練習を
そろそろ一緒にしておこう、という話になり、とりあえず
平坦路の練習として、御幸橋から井手町方面へ
木津川CRを走り、そのまま大正池へ向かった。

弟と走るのは先月の月曜道上ライド以来、約1ヶ月半ぶり
であったが、僕は職場の事情でここ1ヶ月以上自転車通勤
できなくなり、平日は全くのノーライド状態だったので、前回
よりも相当衰えていることが予想された。

案の定、実際ツキイチだったにもかかわらず、大正池に向かう
道中ですでにいっぱいいっぱいの状態となる。
これはマズイな…

続いて大正池。
ここも弟とローテしながらほぼ全力で踏み続けるも、息が続かない。
明らかに前回よりも心肺が劣化しているのを感じる。
和束町に入ってからの急斜面で力が出ない…

ちなみに今日の記録は22分19秒。
前回は余力を残して21分ちょうどくらいだったので、やっぱり衰えている
のは確実だが、思っていたほどタイムは悪くなかった。

続いて裏大正池を下り、和束ローソンの交差点から府道5号を通って
木津川方面へ南下。
国道163号に突き当たったところを左折し木津川に沿って少し進んだ
ところで府道62号へ左折し、再び和束ローソンまで戻る。
この府道5号~国道163号~府道62号の周回ルートは今回が初めて。

府道62号はなかなかの斜度の上りコースだった。
後でわかったことだが、ここは関西ヒルクライムの「木屋峠」というコース
だったみたい。

今回はタイム計測してなかったので残念ながら登録せず。
STRAVAにもほぼ同じ区間のセグメントがあったが、ゴール地点が
若干ずれているみたいなので、関西TTのほうには登録しなかった。
まあ今回はポタペースだったし、次来たときはガチTTしてみよう。

和束ローソンに戻ってからは犬打峠を上り、宇治田原方面へ抜け、
国道307号を通って木津川方面へ戻った。

最後は万灯呂山を上って頂上の景色を堪能したところでお昼どき
となったので、下って猪ラーメンを堪能。
STRAVAの操作ミスにより、万灯呂山はログ取れず…(´・ω・`)
20160220万灯呂

猪ラーメンは今回2度目。大盛りを食した。
クセが無く、美味しかった。
20160220猪ラーメン

お腹いっぱいになったところでCRに戻り、帰宅。

今回はトロフェバラッキの練習にしては上りが多めだったが、
まあ楽しかったのでいいか。

それにしても平日の練習量が激減したのが響いて、やはり
相当な衰えを感じた。

せっかく弟と一緒にレースに出るのだから、せめてレースまで
でも、平日時間を作って悔いのないよう準備したい。



ポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
  1. 2016/02/22(月) 01:50:43|
  2. ロードバイク
  3. | コメント:0

9/27 朝練 柳谷(大阪側)更新!…でも力不足を痛感したライド

以前(6/20)に、カメさんの行きつけのショップ朝練に参加させていただきましたが、
今回またカメさんに同じ朝練にお誘いをいただき、9/27に参加させていただきました。

ルートは前回と同じく、
・久世~734号線・柳谷~79号線・川久保~6号線・芥川~田能~733号線~大原野
おなじみの柳谷(大阪側)を含む、全長約50km程度のアップダウンの多いコースです。

メンバーは朝練の主催者でショップ店員のAさん、ショップ常連のOさん、カメさん、僕の4人。
全員、前回の朝練でご一緒させていただいた方ばかりです。
Aさんは美山ロードC3チャンプで、柳谷(大阪側)11分台で走られる怪物。
Oさんも前回の練習でその実力の高さは確認済み。
おなじみカメさんは止まることなく成長を続けているヘムタイ

とにかく皆お速い方ばかりで、今回もガチ練ということで、みっちりシゴかれる覚悟で臨みました(><)
(実際、前回以上にボコボコにされました)

朝練ですが、おなじみ柳谷(大阪側)まではほぼ平坦路が続き、そこからノンストップで
柳谷(大阪側)TTコースに突入。

今回も先頭をAさんに牽いていただき、Oさん、カメさん、僕の順で走行。

30km/hそこそこでTT区間に入り、隊列を保ったまま序盤の平坦区間を進みます。
「TTモードではないのかな」と内心ちょっと安心しかけたのもつかの間、
緩斜面区間に入ってもペースが緩まず、ハイペースでどんどん進みます。
僕的にはもう普段のTTモードのペースと変わらない、いやそれ以上かも(汗)

中盤の分岐を越え、斜度が高めの林道区間に入っても、ペースが
落ちるどころか、限界ギリギリのハイペース。

途中でOさんが脱落し、Aさん、カメさん、僕の順で最後まで。
終盤はもう普段のTT以上のペースで何度も千切れかける。
一方カメさんはきっちりAさんに付いていってる。
…スゲェな…

ラストはAさんがペースアップし、若干離されてカメさん続く。
僕も何とか踏ん張って、カメさんに続いてゴール!

タイムは何と自己記録更新の12分24秒!!
思いがけない形で今年中の目標タイムであった12分半切りを達成してしまいました。

まあでも今回のは集団走行の最後尾でフルツキイチでの記録なので、さすがに
胸を張って目標達成とは言えないかな。

ちなみにSTRAVA上ではカメさんが12分26秒と、僕のほうが2秒速い結果になってますが、
これはたぶんスタート時に僕のほうが後からスローペースでスタートしたからか、
もしくはGPSの誤差によるもので、僕は最初から最後までカメさんの真後ろに張り付いて
いただけなので、内容的にはカメさんのほうが断然上でした。

その後、ベニカンまで上ってから川久保まで下り、冒頭の残り区間をほぼノンストップで
走りましたが、僕はこの柳谷(大阪側)で力を出し切ってしまい、既に抜け殻状態に。

ベニカンまでの上りの途中でラスガスさん、しん83さんとスライドしましたが、
たぶん死にそうな顔をしていたんじゃないでしょうか?

6号線・芥川~田能あたりは延々と緩斜面が続きますが、ここもAさんがペースを緩めることなく
ガンガン牽き続けますが、僕はもう力尽き、徐々に遅れ始めます。

田能に着く頃には僕一人完全に遅れてしまい、皆さんをお待たせする始末…
完全にスタミナ不足を痛感しました。

やっぱり週末に小一時間柳谷を上ってるだけじゃダメかな~。
アホほど走りまくってるカメさんとの地力の差が歴然としてきてるな…

大原野のアップダウンを繰り返す区間では、Aさんがインターバル(アタック)的にペースアップ
したりしますが、カメさんはきっちり着いていきます。
僕は全然付いていけません(涙)
やはり僕は緩斜面とか、アタック合戦(短距離ダッシュ)とかはめっぽう苦手というのが
よくわかりました。

カメさんは上りも平坦も下りも速いし、ヒルクライムだけじゃなく、ロードレースとかに
チャレンジしてもイケるんじゃないかしら!?

最後は金蔵寺を下り、長岡京のセブンイレブンに到着し、解散。

今回もものすごく密度の濃い、一人ではできない強度の練習をさせていただきました。
これくらいの強度の練習をしないと、今以上は強くなれないな…
そう感じた今回の朝練でした。



ん~、カメさんとはずっと実力が拮抗していたと思ってたけど、このままじゃ置いていかれるなぁ
ドラゴンボールのゴクウとヤムチャの関係を思い浮かべてしまった…

最初は実力の近いライバル関係と思っていたのに、すぐに相手の戦闘力インフレに
付いていけずにかませ犬化…(涙)

せめて天津飯くらいにはなりたいと思う今日この頃。

ポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
  1. 2015/09/28(月) 17:05:41|
  2. ロードバイク
  3. | コメント:4

ロード一周年 & 高取城カテゴリ決定

早いもので、ロードを買ってちょうど一年が経ちました。

去年の8月初旬、雨の中初ロードのBasso Viperを引き取りにカンザキ上新庄店に行きました。
初めて手にしたロードはピカピカで、きれいなスカイブルーのViperを見ながら子供のようにワクワクしたのを思い出します。

あれから1年、それまで通勤のみだった僕の自転車生活は大きく変わりました。

自転車道場、O.H.C、STRAVA等を通じて多くの方と交流を持つようになり、たくさんの出会いと刺激を頂きながら、本当に充実した自転車生活を楽しむことができています。

自転車という素晴らしい趣味に出会えたこと、そしてそれを続けられる環境に感謝しながら、これからも大いに楽しんでいきたいと思います。


高取城ヒルクライム大会のページに出走者リストがアップされました。
気付けば本番までもう3週間も無いんですね。
最近は大した練習もできてませんし、お盆は実家に帰省でノーライドになりそうなので、ちょっとやばいかも…

僕はカテゴリB(1975 – 1982年生まれ)になりました。
O.H.Cのメンバーもたくさんいらっしゃいます。
4人に1人くらいはO.H.Cメンバーかな?すごい割合ですw

高取城のカテゴリ分けは、申し込み締め切り後に参加者を年齢順に並べて、各カテゴリ人数がだいたい均等になるように区切るみたいです。
なので、出走者リストがアップされるまでは、自分がどのカテゴリになるかはわかりません。

普段夜錬を一緒にやってるカメさんは僕よりも若いカテゴリA。
同じカテゴリだったら勝負できて面白そうだったのに…
というのは嘘で、強敵が一人減って助かったw
最近は1日300kmとかムチャクチャな距離を走ったり、昨日も柳谷(長岡京側)で14:40という大幅更新を果たして勢い付いてるし、表彰台も狙えるんじゃないかしら?

でもカメさんいなくても僕の参加するカテゴリBは「死のグループ」らしいですw
バカッ速い猛者がうようよいて、相当厳しい戦いになるのは間違いなさそうですが(>_<)、とりあえず自分の力を精一杯出せるように頑張りたいと思います。
トップの人にはブッ千切られる予感しかしませんがww
憧れのアノ人やアノ人と競えるのが楽しみです!
  1. 2015/08/06(木) 15:28:19|
  2. ロードバイク
  3. | コメント:6
前のページ 次のページ

プロフィール

金魚ちょうちん

Author:金魚ちょうちん
自転車通勤をきっかけにクロスバイク、ロードバイクとはまってしまいました。
京都は西山を中心に峠を徘徊しています。
所有バイク:
 ロード:Basso Viper
 クロス:Giant Tradist

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (18)
ロードバイク (19)
クロスバイク (0)
ヒルクライム (38)
STRAVA (1)
関西ヒルクライムTT (10)
自転車道場 (0)
通勤 (2)
O.H.C (4)
ペダリング (3)
柳谷登坂隊 (3)
ポタリング (2)
整備 (2)
レース (2)
月曜道上 (2)
パーツ (1)
雑感 (1)

カウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。