自転車のある生活

貯金無し門限有りのお小遣い制週末ぽたりすとの徘徊日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

柳谷(大阪側)~金蔵寺ヒルクライムTT(2)

1月25日
ヒルクライムの続きです。

柳谷(大阪側)ヒルクライムに続いて金蔵寺ヒルクライムをすることにします。
柳谷通り(府道79号線)を長岡京方面に下り、府道10号線を通って金蔵寺コースに向かいます。

長岡天満宮裏の竹林を抜け、のどかな田園風景が広がる景色は
正に京都の田舎道って感じ。
TTやめてのんびりポタリングしたくなりそうw

遠方に見える山道が今から目指す金蔵寺ルート。
気合を入れなおすのも一苦労です。
金蔵寺遠景

金蔵寺
難易度:B(やや難)
標高差 :356m 距離 :4.2km
平均斜度:8.5% 最高斜度:20%強?
平均くん:20分11秒

さっき登った柳谷と比べて勾配も一回りキツいコース。
はたして今回ちゃんと登りきれるのか?

スタート地点に到着し、TT開始します。

このコースは終盤に20%クラスの激坂があるので、序盤は
なるべく体力温存を心がけ、シッティングで軽めのギアで
回します。

中盤、金蔵寺への分岐あたりから斜度も上がり、道幅も狭くなり、
落ち葉や落石も増えてきます。
このあたりからシッティングとダンシングを混ぜながら進みますが、
やっぱりダンシングがぎこちない。
どうも無駄な力が入ってスムーズに回せていない気がする。
あと、シッティングとダンシングの切り替えタイミングが下手。

勾配が上がりケイデンスが落ちてくる

仕方なくダンシングに切り替える

一生懸命踏み込んで、脚がすぐ疲れる

シッティングに戻る

この悪循環にはまってスタミナを消耗している感じ。
もうちょっとうまい方法はないものか。

終盤は◎印のコンクリート舗装。
斜度も20%近くありそうな激坂のつづら折れが続き、
シッティングではきつく、ほとんどダンシングになります。

この◎印と勾配、まるで暗峠…

終盤のつづら折れには京都盆地が一望できる絶景ポイントがありますが、
それどころじゃありません。
速度も10km/hを割り込み、息も絶え絶え。
キツい!しんどい!止まりたい!
心も折れかけながらヨチヨチ進みます。
逢坂峠の看板が見えてきました。
峠のピーク、ようやくゴールです。
ああしんどかった!
金蔵寺ゴール

タイムは…、19分53秒。
金蔵寺結果

平均くんは、20分11秒。
あれま、意外にも平均くんをクリアしてる!

本日2本目のTTということもあって、正直あまりタイムを意識せず、
序盤から楽に回すことを心がけた金蔵寺でしたが、これが逆によかった
のかも知れません。
結果的にいいペース配分ができていたのかも?

課題はたくさんありますが、とりあえず金蔵寺だけでも
目標である平均くんを倒せたのでよしとします。

2本のTTを終え、心地よい疲労感と満足感を感じました。
ここからは峠を下って帰路につきます。

ゴールから先に少し下ると、大原野森林公園方面と、善峯寺方面への分岐にさしかかります。
今回は善峯寺のほうから下ることにします。

ちなみにこの善峯寺、関西ヒルクライムTTの西山エリアにおける
最難関コースです。
前後半でコースが別れていますが、どちらも相当な激坂コースで、
特に後半コースなんか平均斜度14.2%、最大斜度30%という、
暗がり峠に迫る勢いです。

実はこのコース、暗峠の練習として去年一度登りました(TTは無し)が、本当に暗峠に
迫るくらいの難コースでした。足つき無しで精一杯!

いずれこの善峯寺もTT挑戦しようかな。
後半はきついので前半だけでも。

今日はその善峯寺コースを、下見も兼ねてゴール側から下ります。

善峯寺コースをゴール側から下ってみて、改めてその斜度の
大きさに焦りました。
確かに暗峠と同じくらいの勾配がある。
しかも道幅が狭いし落ち葉や落石が多くて道がかなり悪い。
下ハンでブレーキを握り締めながら恐る恐る下ります。
…とここで何かを踏んだのか、「バスン」という大きな音と共に
一瞬で前輪が萎みます。

ゲゲッ、ヤバイ!

サイドカット。タイヤもチューブもぱっくり逝っちゃってます。
鋭利な石にひっかけた模様(T_T)

その場で替えのチューブに交換しますが、タイヤもかなりヤバイ状態。
空気を50psiも入れるとカットしたサイドからチューブがせり出してきます。
サイドカットGP4000sⅡ

GP4000SⅡが逝ってしまわれた様子…
まだちょっとしか使ってなかったのに~(T_T)

…タイヤの予備は持ってきてません。
帰り道どうしよう。。。

40psi以下まで空気圧を落としたらチューブが収まり、なんとか走れそうです。
リム打ちやバーストに気を付け、ブレーキをかけながらだましだまし下ります。
なんとかバーストせずに平地まで戻り、そのまま低速でおそるおそる走行し、無事帰宅。

せっかく気持ちよく走っていたのに最後は残念でした。
GP4000sⅡ気に入ってたんだけど。
コンチはサイドが弱いのかなぁ。

そこそこいいお値段がするだけに、ショックが大きいです。
やっぱり次はルビノプロ3に戻そうかな。

走行距離:34.8km
獲得高度:1165m
平均速度:19km/h
スポンサーサイト
  1. 2015/01/27(火) 18:44:43|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<STRAVA | ホーム | 柳谷(大阪側)~金蔵寺ヒルクライムTT>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

金魚ちょうちん

Author:金魚ちょうちん
自転車通勤をきっかけにクロスバイク、ロードバイクとはまってしまいました。
京都は西山を中心に峠を徘徊しています。
所有バイク:
 ロード:Basso Viper
 クロス:Giant Tradist

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (18)
ロードバイク (19)
クロスバイク (0)
ヒルクライム (38)
STRAVA (1)
関西ヒルクライムTT (10)
自転車道場 (0)
通勤 (2)
O.H.C (4)
ペダリング (3)
柳谷登坂隊 (3)
ポタリング (2)
整備 (2)
レース (2)
月曜道上 (2)
パーツ (1)
雑感 (1)

カウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。