自転車のある生活

貯金無し門限有りのお小遣い制週末ぽたりすとの徘徊日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

悪天候のため高取城コース試走の予定を変更し、山城エリアをライド

7/4

この日はO.H.Cのmasabowさん歓迎ライドで、8月の高取城ヒルクライムレースのコース試走が予定されていました。僕も高取レースに出る予定だし、久々のO.H.C走行会に参加する予定で楽しみにしてましたが…

当日5時に起床し、外を見ると雨が降り出しそうな曇天…
天気予報を見ると、午後から雨の予報(X_X)

うーん、どうしよう…
奈良まで自走してずぶ濡れになるのはいやだなぁ。

それでも、同じ京都組で走行会参加予定のカメさんと一緒に行く約束をしていたので、一応準備を終えて6時15分くらいに自宅を出て、待ち合わせの御幸橋へ向かいました。
途中信号待ち時にLINEを確認すると、なんとカメさんも悪天候を懸念して走行会をD.N.Sし、北摂方面へルート変更し、既に出発された模様。
ガーン…
もうちょっと早くLINE確認しておけばよかった…(T_T)

予報を見る限り、雨が降る可能性はかなり高そう。
ここは心苦しいが、僕もD.N.Sとさせてもらおう。
というわけで、僕もLINEにD.N.Sの通知をさせていただきました。
会長はじめO.H.Cの皆様、ドタキャンしてしまい申し訳ありませんでしたm(__)m

(※O.H.C走行会も結局悪天候のため、高取試走は中止、葡萄坂に変更したとの事。
 天候には勝てませんね…)

とりあえず高取はD.N.Sしたものの、このまま帰宅するのももったいない。
午前中は天気は持ちそうなので、近場を走って帰る事にしました。

とりあえず御幸橋まで来たので、そのまま木津川CRをフラフラ。
どこに行こうかな~。

そういえば万灯呂山にはまだ行ったことが無い。
赤ビアさんやコージーさんも最近行かれてたみたいだし、先月のO.H.C走行会でも万灯呂山行ってたな~。
とりあえず僕も一度行ってみよう。
というわけで、万灯呂山に向かいました。

STRAVAでマップを確認しながらスタート地点へ向かう途中、あやしげな掘っ建て小屋?を発見。
赤ビアさんが以前行かれたと仰ってた猪ラーメンのお店でした。
かなり怪しげな出で立ち。
1杯300円!?安い。。。この安さがまた怪しい…
でも評判は悪くなかったような。
この時点で早朝7時ということもあって今回はスルーしましたが、機会があれば一度行ってみようかな。

さて、万灯呂山。
関西ヒルクライムTTのコース紹介は以下の通り。
標高差:258m
距離:3.6km
平均斜度:7.2%
最大斜度:15.0%

平均勾配、最大斜度等の情報を見る限り、柳谷(長岡京側)の距離を短くした感じかな?

スタート地点に到着し、ストップウォッチアプリを起動しスタート。

序盤、いきなり路面がビチョビチョに濡れています。
それも道路脇からドバドバと水が流れ出ていて早速バイクもウェアもビチョビチョに(´д`|||)
前夜に雨が降ったのかな?このようなビチョビチョ路面がかなりの距離(2、300mくらい)続きました。
スリップに気をつけながらウェット区間を抜けると、やや緩急のある山道が続きました。
勾配は予想通り柳谷と似たような感じ。
中盤は景色の変化が少なく、そこそこの勾配が続くので、精神的にはちょっとキツいかもしれません。
路面の舗装状態は予想していたよりはきれいで、所々砂や小石が浮いていましたが、よくある山の舗装路といった感じでそれほど気にはなりませんでした。
また僕が走った時は交通量もほとんど無くて割と走りやすかったです。
ただ、道はやや狭めなので、車には注意が必要です。

といった感じで、印象としては柳谷(長岡京側)のラストの狭い山道がずっと続くような印象でした。
ちなみにタイムはSTRAVA計測で12分21秒。
ストップウォッチでは12分10秒くらいだったので、なんか誤差が大きいな~と思ったら、どうやらスタート地点を間違えていた模様…

スタート地点の橋をわたってからが計測開始ポイントと思っていたのですが、後で調べると橋を渡る前の看板がスタート地点のようでした。
関西ヒルクライムTT資料室の解説に「橋を越えてスタート」とあったので、てっきり橋を渡り終えたところからスタートと思ってしまい、ゆっくり橋を渡り終えてからストップウォッチ計測開始してました…orz

ま、まあまた今度チャレンジしに来よう。
とりあえず関西ヒルクライムTTにはSTRAVAタイムの12分21秒を登録。

頂上の展望台はなかなかいい景色ですが、この日は曇り空。
晴れてたらきっともっと絶景が楽しめたんだろうなぁ。
やっぱりまたリベンジしに来よう!
万灯呂山


万灯呂山を下りまだ時間があったので、続いて大正池も上ることに。
ここで気付きましたが、万灯呂山と大正池ってすぐ近くなんですね。
今後このエリアに来る時はセットで上ろうかな。

大正池スタート地点に到着。
いつもは大正池TT一本走ったら、引き返して帰宅コースが定番でしたが、この日は高取試走で一日使う予定だったので、時間はまだまだある。
そこで、この日は大正池の後、和束町方面へ下ろうと決めました。
確か茶畑が広がる絶景ポイントがあったはず。
また、和束町方面へ下り終えたら、確か犬打峠というTTコースがあったような。
今日はそこまで走ってみよう!

などと考えながら大正池コースをスタート。
ほぼ全開ながら、後のことを考えて少しだけ余力を残して結果は20分44秒。
やはりソロで20分切りするには、最初から更新する覚悟で全開120%モードで臨まないと無理っぽいなぁ。

大正池ゴール地点をそのまま通過し、和束町方面へ下ると、茶畑のある風景が。
こういうのどかな景観を楽しみながら走れるのも、自転車の大きな魅力です。
和束茶畑


さらに下り和束ローソンで水を補給。
続いて犬打峠に臨みました。

犬打峠
標高差:243m
距離 :3.2km
平均斜度:7.7%
最高斜度:約15%?
(関西ヒルクライムTTより)

正直、事前情報としてコースレイアウト、解説はほとんど読まずにスタートしてしまい、後で痛い目に合いました。

事前情報として、距離3.2km、平均7.7%と、地図をチラッと確認した程度でスタート。
最初はユル~い緩斜面が続き、何も考えずに進むと、途中から斜度がグッとアップ。
それでも気にせずそこそこのペースで上っていくと、一向に勾配が緩む気配が無い…どころか目に見えて勾配がきつくなっていく!
前に行ったTT2本の疲れもあってか、みるみる失速してしまい、途中からは足付きさえしなければいいや、というガス欠やる気無しモードに(´д`|||)
最後は歩くくらいの速度のヨチヨチモードでなんとかゴール。
タイムは13分10秒。
「とりあえず登っただけ」のお粗末な内容となりましたorz

後で調べたところ、この犬打峠は前半1.6kmは斜度4%程度の緩斜面、後半は10%強の急斜面が最後まで続くコースレイアウトみたいです。全長と平均斜度だけインプットしてたら痛い目に合う良い例として身を持って勉強しました(*_*)

その後、犬打峠ゴール地点をそのまま下り、宇治田原へ抜け、天ヶ瀬ダムを通過し、宇治市の中心街まで来ました。
せっかくなので、以前赤ビアさんと一緒に行った”モグモグベーカリー”でパンを購入。
モグモグベーカリー

前回我が家で抹茶系のパンが好評だったので、今回も我が家のおみやげに抹茶系のパンを3種類ゲットし、帰宅。
モグモグのパン

高取城の試走はおあずけとなりましたが、新規コースも経験できて、なかなかボリュームのあるライドとなりました。



肝心の高取コースは、本番までには1度走っておきたいな~。
スポンサーサイト
  1. 2015/07/06(月) 12:49:46|
  2. ヒルクライム
  3. | コメント:4
<<7/11 柳谷朝練(助平練 参加未遂) | ホーム | 機材がタイムに寄与する割合は?>>

コメント

1日に3峠制覇⁉

お晩です。
えぇっ、O.H.C 走行会を止めて峠を3つっっっ…
さすが、120%ヒルクライマー‼(と、勝手に名付けてスミマセン)
私は未だに
>途中からは足付きさえしなければいいや
>最後は歩くくらいの速度のヨチヨチモードでなんとかゴール
私の普段の上り方のよう(私も万灯呂山の最後のほうは4km/h)…

大正池ゴールの向こう側へは、いつかソロで行ってみたいと思っていたので
羨ましい~っ。逆に上るのはしんどいって聞いてますが、どんなんでしょうか?
ただ、コージーさんもおっしゃっていたように
万灯呂山途中から大正池への道はロードバイクへ乗車しては無理のようですね。
(また大してショートカットにならないようで…)

"モグモグベーカリー"へも行かれたんですね~。気に入っていただいて良かった。
あの"茶壺"は他に無い味ですよね。
いつかは、本丸"たま木亭"を(並んでもいいので)狩りましょう‼
  1. URL |
  2. 2015/07/06(月) 23:26:52 |
  3. 赤ビア #-
  4. [ 編集 ]

Re: 1日に3峠制覇⁉

赤ビアさん、コメントありがとうございます。

万灯呂山から大正池へは、万灯呂山を下り、府道70号線(JR奈良線)沿いに南下すれば、わりとすぐに着きました。
交通量も少ないし、サイクリングロードまで戻らなくても快適に走れましたよ。

大正池のゴール地点から先は、茶畑があったり、のどかな山道といった感じで気持ちよかったです。
勾配は確かにそこそこあって、逆側から上るのはけっこうきついかもしれませんね。

宇治田原方面へ抜ける犬打峠も◎印のコンクリート舗装があったりと、途中からかなり勾配のきつい坂道でした。
でも、一旦ピークを超えるとあとは気持ちいい下りが続くので、僕的には好きなルートです。

モグモグベーカリーの茶壷はおいしいですね!
教えていただき、感謝です!
たま木亭にはいつか行きたいですね。
  1. URL |
  2. 2015/07/07(火) 08:18:23 |
  3. 金魚ちょうちん #-
  4. [ 編集 ]

こにゃにゃちわ。

僕もこないだ万灯呂山上った時、茶畑が見える
手前の所で路面が水浸しで自転車も自分も
濡れてしまいました。

あそこはいつもそうなんでしょうかね~。
大正池もスタート地点から左に曲がったあたりでも
同じように山から水が道路全体に流れてますよね。

炎天下の中での走行なら一瞬気持ちいいかもしれないですが
そうでなければ鬱陶しいだけの水ですね~。

しかしさすが! 12分台とは相変わらず恐ろしい足を
してますね~。僕も近づけれるよう頑張りまっす。

僕も明日休みなんで、天気がよければ万灯呂山上ろ。
猪ラーメンも食べたい~。

大正池の和束町から先も僕も行ってみたいです。

新たなルート探索のヒントになりました。
ありがとうございまするm(_ _)m
  1. URL |
  2. 2015/07/07(火) 10:05:51 |
  3. コージ― #-
  4. [ 編集 ]

Re: こにゃにゃちわ。

コージーさん、コメントありがとうございます。

万灯呂山の序盤の水浸し路面は僕が行ったときだけじゃなかったんですね。
いや~ん(´д`|||)
大正池のスタート直後の水浸し区間も以前はなかったと思うんですが、最近、ここ1ヶ月くらいはいつもビショビショですね…
ウェアがドロドロになるので、後でパン屋とかに入り辛くなるのがイヤです(X_X)

大正池の和束町から先はのどかで僕は好きなルートでした。
犬打峠から先の宇治田原へ抜けるルートも静かな川沿いの山道で、川沿いのためかときどきひんやりとした空気を感じることができて、気持ちよかったです。
宇治川ラインは交通量が多く、ダンプカーも通ってて落ち着きませんでしたが。

和束町や宇治田原周辺の山道は交通量も少なめで、自然も豊かで空気もきれいなので、今回をきっかけに僕も今後この周辺を新規開拓しようかな、と思いました。
  1. URL |
  2. 2015/07/07(火) 12:37:43 |
  3. 金魚ちょうちん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

金魚ちょうちん

Author:金魚ちょうちん
自転車通勤をきっかけにクロスバイク、ロードバイクとはまってしまいました。
京都は西山を中心に峠を徘徊しています。
所有バイク:
 ロード:Basso Viper
 クロス:Giant Tradist

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (18)
ロードバイク (19)
クロスバイク (0)
ヒルクライム (38)
STRAVA (1)
関西ヒルクライムTT (10)
自転車道場 (0)
通勤 (2)
O.H.C (4)
ペダリング (3)
柳谷登坂隊 (3)
ポタリング (2)
整備 (2)
レース (2)
月曜道上 (2)
パーツ (1)
雑感 (1)

カウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。