FC2ブログ

自転車のある生活

貯金無し門限有りのお小遣い制週末ぽたりすとの徘徊日記

10thメモリアルヒルクライムin西粟倉(ヒルクライムinダルガ峰)に参戦してきました

今年はダルガ峰のコースが西日本の豪雨災害で一部崩落したため、
代替コース(ヒルクライムin若杉の短縮版?)となり、大会名称も
本記事のタイトルのように変更になりました。

僕としては本来のダルガ峰コースを楽しみにしていたので
残念な気持ちはありましたが、こればかりは仕方が無い。
というか、未だに被災地ではインフラ面など元通りに
復旧できてないところもあるわけで、そんな中レースを
開催してもらえるだけでもありがたいことです。

さて、今回の代替コースですが、ヒルクライムin若杉の
短縮コースということで、距離8.2km、標高差590m、
平均斜度7%と、距離も短く、ダルガ峰のような激坂も
無いようで、体重の軽さを利用して激坂区間で稼ぐ
作戦だった僕としてはちょっと目論見が狂って
しまいました。

高取HCが終わってから2週間、まだポジションに
迷いがあり、ステムやサドル高を上げたり下げたり
しましたが、結局しっくりくるポジションが見つからず、
適当なところで妥協しましたw
ほんとこの1ヶ月くらいポジションで迷走してて、
結局まだ迷走状態から抜け出せてませんw
今回のレースでは適当にお茶を濁してごまかしたけど、
オフにちゃんとポジション出ししよう。

僕は今回からカテゴリが1つ上がって40代のカテゴリC。
けんたろうさん、えんちゃんとも別カテゴリになり、
強敵ぞろいの30代カテBから抜けたし、今回は初の表彰台
いけるかも…と期待したけど、スタートリストを見ると
去年まで出てなかった強敵がたくさん…ナンテコッタ

まあ最近お決まりのパターンなのでもう
驚きはしなくなりましたが。。
それだけ自転車競技自体が発展途上ということ
なのでしょうかね?
(成熟してたら年々そこまでリザルトレベルは変わらないはず?)
特にパワーメーターを使ったパワトレが一般人
にも普及してきつつある昨今、この傾向が顕著
になってきてる気がします。
勝手な憶測ですが。。。

そんなこんなで迎えた当日、月曜道上仲間のタクさん
しんやさんと待ち合わせ、高速使って現地入り。
僕は今回もタクさんの車に乗せてもらいました
(いつもありがとうございます)

現地について、着替え、受付、アップを済ませ、
開会式の後スタート地点まで移動。
カテゴリ順に誘導してもらえるかと思いきや、
なりゆきでぞろぞろと移動w

このレースは各カテゴリごとの
マスドスタート方式(よーいドンで一斉スタート、
ゴール着順がそのまま順位)
なので、なるべく前方に並びたかったのだけど、
気付けばカテゴリCのほぼ最後尾…orz

そんなに遅く並んだつもりはなかったんだけどなぁ。
みんないい位置を確保すべく、開会式の後すぐ
移動場所に移ってたのでしょうか?

カテCは最も人数が多く約80人。
当日は交通規制も無く、対向車線にはみ出る
こともできなかったので、スタートはかなり
縦長の列でした。

スタートの号砲が鳴り、いざスタート…
といきたいが、走り出すまでに数秒、
スタートラインを通過するのに更に数秒と、
先頭からはおそらく十数秒遅れてスタート(T_T)

スタート地点で既に先頭から数十メートル遅れw
しかも前がつかえてなかなか前走者を
抜けない…

それでも数分かけて少しずつ前走者を
抜きながら、10分くらい?でようやく
先頭集団の最後尾に付ける。

それほどハイペースではなかったので
なんとか少ない消耗で来れたような気も
するが、隙間や中切れを縫ったりで
結構脚が削られた気もする。

ともあれようやくたどり着いた先頭集団。
とりあえず集団の最後尾で一息つきたい
ところだったが、そうは甘くなかった。

先頭のBさんがペースアップしたのか?
一息つく間もなく中切れが発生、あわてて
ブリッジしようとするも、先頭の4名から
2~30m間が空いてしまう。

これを一気に詰めるだけの余力が無く、
とりあえずこれ以上離されないことだけ
を考えながら、必死で後を追いかける。

前の4名は事前にマークしていた面子。
いずれの方もHCレース優勝経験者。
やっぱりこの4名か…

自分は現在5位。
表彰台まであと2名抜かなければならない。
こっちも必死だが差が縮まらない。

それでも4位の人の背中がずっと見えてる
状況だったので、少しずつ差を縮め、
6km付近?の分岐あたりまでなんとか
背中までもう少しのところまできたが、
かなりきつくなり、結局追いつけず
ずるずると離され、そのまま
5位でゴール。

という動画です↓


前を行く4人には力負けでした。
うーん、表彰台が遠い…orz

今回タイムは27分4秒。
走行中は前走者をマークしつつもだいたい
4.7倍(250w付近)を目安に走ったつもりでしたが、
後半20分を過ぎたあたりからはワットを維持するのが
難しくなり、同時にケイデンスもだんだん
下がってきてて、スタミナ不足を痛感しました。
やっぱり普段14分程度の柳谷ばっかり上ってる
だけじゃだめかなぁ。

あと、走ってて実感したのが、前を走ってた
4位の方に、斜度があるところではなんとか
付いていけても、斜度が緩むとじわじわ
離されたこと。
その方は僕と比べると体格が大きく
(ぱっと見7,8kg以上違いそう)
STRAVAデータを見るとパワーも僕より20Wくらい
高かった模様。
体重とパワーの関係性が実際のレースで理論通りに
働くことが確認できて面白かった。
こういう気付きもパワーメーターがあってこそ。
ほんと面白いツールだなぁ。

ということで、目標の表彰台には届かず結果は
残念でしたが、自分の力を確認するには良い経験
になりました。

やはりまだまだ実力不足だ。

パワーメーターがあると今まで見れなかったり、
気付かなかった情報が沢山得られて、自分の弱点とか
今後の課題、方向性とかも見えた気がします。

レース後、タクさんが固定ローラーを貸してくれました。
今回と前回の高取城HCの結果から少し思うところがあって、
パワメ+ローラーでの練習を取り入れたいと思ったので、
ありがたい限りです。

今年の僕の予定レースは全て終了しましたが、
気持ちは既に来春に向いています。
まあしばらくはそれほど根詰めたトレーニング
はするつもりありませんが、せっかくパワメ
買ったので、無理ない範囲で計画的に、確実に
レベルアップできるメニューを組み立てて
少しずつコツコツこのオフにトレーニング
してみようと思います。

今年は(も)望んでいた結果が残せませんでしたが、
来年はもうちょっと高い位置にいけるよう取り組みますにほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. 2018/09/06(木) 15:21:42|
  2. レース
  3. | コメント:0
<<菰野ヒルクライムに参加してきました | ホーム | 2018 第10回高取城戦国ヒルクライムの動画>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

金魚ちょうちん

Author:金魚ちょうちん
自転車通勤をきっかけにクロスバイク、ロードバイクとはまってしまいました。
京都は西山を中心に峠を徘徊しています。
所有バイク:
 ロード:Basso Viper
 クロス:Giant Tradist

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (19)
ロードバイク (21)
クロスバイク (0)
ヒルクライム (38)
STRAVA (1)
関西ヒルクライムTT (10)
自転車道場 (0)
通勤 (2)
O.H.C (4)
ペダリング (3)
柳谷登坂隊 (3)
ポタリング (2)
整備 (2)
レース (12)
月曜道上 (2)
パーツ (1)
雑感 (2)
峠紹介シリーズ(動画付き) (2)
月間まとめ (1)

カウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR