FC2ブログ

自転車のある生活

貯金無し門限有りのお小遣い制週末ぽたりすとの徘徊日記

高取城戦国ヒルクライム2018の結果と反省とダルガ峰に向けて

去年に引き続き、今年も参戦してきました。

とりあえず結果を簡単に。
年代別6位、タイム19分37秒。

去年よりも順位、タイム共に下がってしまいました。
(去年は年代別5位、タイム19分32秒)

今年は練習の量も質も去年の同時期と比べて
かなり充実していたと思うし、調整もまずまずで体調も良かったので、
この結果はかなり残念ではあります。

自分の知り合いは軒並み前回よりも
好タイムだったので、自分は何かが
失敗したのだと思います。

おなじみKentaroさんは同カテゴリで
みごと優勝!
聞けばまだまだ余力があったそうな。
予想はしていたけどさすがでした。

柳谷仲間のえんちゃんも好タイムで
激戦区のカテゴリAで見事3位!
価値有る入賞でほんとにお見事です。

その他たくさんの知り合いにも会えて
楽しく、刺激を受けた一日でした。

自分は何がまずかったのか?
言い訳をするつもりは無いですが、
今後のための反省と考察として
思い当たるところを書いておきます。

原因はおそらく、レース1ヶ月前の時点で
大きくポジション変更をしたこと。

最近お世話になっているお店でパワーメーターを
取り付けたついでにポジション調整をしてもらった。

これまでは購入店のポン付け状態のまま
なんのポジション調整もしていなかったので、
この際きっちりポジション出しして、
あわよくばレースでももうひと伸びできれば
との算段もあったのだが…


※あらかじめ言っておきますが、このポジション変更
 について、フィッティングしてもらったお店に
 どうこう言うつもりは全く無く、自分自身の
 後学のために書き残しています。
 フィッティング自体は何の問題も無いけれど、
 単に自分にとって1ヶ月という期間は適応するに
 短すぎたということですのであしからず…

股下高さを測ってもらい、身長、年齢などを
元に最適なポジションを出してもらった。

そこで判明したのが、これまでのサドル高
は高すぎて全然あってなかったこと(汗)
まあこんなもんかな、という感じでこれまで
あまり気にしてなかったのだが、実際に
股下高さも測ってもらい、サドル高を調整すると
サドル高がだいぶ低くなった(汗)
というか今までよくこんな高さで乗ってたな…
というくらいサドル高が合ってなかった。
サドル高に関しては調整後しっくりきたので、
調整してもらってよかった。

その他大きく変わったのがハンドル落差。
これまた購入時のまま特に気にしてなかった
のだが、これまではコラムスペーサー数cm分
入ったかなり高いハンドル位置だった。

今回のフィッティングでコラムスペーサーを全部
抜いてステムが最下位まで下がった。
結果、より前傾姿勢でレーシーなポジションに
なったが、乗ってみたらそれほど違和感無く、
平坦ではかなりのエアロ効果を実感できて、
感触は悪くない。

これまではほとんどハンドル落差がなかったのだが、
変更して見た目にもかっこよくなりいい感じw

ということで、高取城HC1ヶ月前ではあるが、
この新ポジションで1ヶ月乗り込んでレースに
でようと決めた。

そして1ヶ月間、柳谷などでパワーを測りながら
調整を続けたが、どうもタイムが伸びない。
まあタイムは気象条件などの外的要因に左右
されるので、最初はそれほど気にしてなかったが、
何度TTしてもこれまでより30~40秒くらい落ちている。
レース前の景気付けにと13分半切りでの更新狙って
TTした長岡京側で14分半くらいしか出せなかった
のにはかなり焦った。
また、上り始めて5分以上経過すると異常に
しんどくなってきて、14分程度の柳谷長岡京側
でさえゴール後に消耗しきってしまう有様。

7月までは全力でなくても13分台が出せるくらい
だったので、明らかに何かがおかしい…

とはいえ今さら元々のポジション(ステム高)に戻す
勇気も無く、サドルの前後位置を微調整してお茶を
濁してレースに臨み、結果は上述の通り。

レース中も今までと違って息が上がるし何かがおかしい…

そう思って、レース後、帰宅してから検証のため
ステム高を元に戻して(スペーサー入れて高くして)
柳谷1本TTしてみた。
結果は14:01、278Wだった。

レース直前の3本のTT結果(ステム高最低位置)は
14:13 270W
14:27 272W
14:32 264W

数値からもやはり元々のポジションのほうが
パワーもタイムも良いということがわかった。
また、体感的にも、元々のポジションのほうが
アップライトで呼吸がしやすく、上体も楽な
感じで高ケイデンスで回しやすく感じ、ゴール
後もまだまだ脚が残っている感触もあった。

よって、現状ではやはり元々のポジション
のほうが良いということがわかってしまった。

2週間後のダルガ峰はこの元々のポジションで
出ようと思う。

ただ、この元々のポジションがベストだとは
思ってないので、とりあえずポジションについては
レースが終わってからオフシーズンにじっくり
取り組んでいこうと思う。

高取は残念だったが、ダルガ峰は悔いなく自分の
走りをしてきたい。


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



  1. 2018/08/20(月) 11:38:15|
  2. レース
  3. | コメント:0
<<2018 第10回高取城戦国ヒルクライムの動画 | ホーム | お盆休みライド 〜周防大島と大星山〜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

金魚ちょうちん

Author:金魚ちょうちん
自転車通勤をきっかけにクロスバイク、ロードバイクとはまってしまいました。
京都は西山を中心に峠を徘徊しています。
所有バイク:
 ロード:Basso Viper
 クロス:Giant Tradist

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (19)
ロードバイク (21)
クロスバイク (0)
ヒルクライム (38)
STRAVA (1)
関西ヒルクライムTT (10)
自転車道場 (0)
通勤 (2)
O.H.C (4)
ペダリング (3)
柳谷登坂隊 (3)
ポタリング (2)
整備 (2)
レース (13)
月曜道上 (2)
パーツ (1)
雑感 (2)
峠紹介シリーズ(動画付き) (2)
月間まとめ (1)

カウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR