自転車のある生活

貯金無し門限有りのお小遣い制週末ぽたりすとの徘徊日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SL950に2ヶ月乗ってみて

今年の10月末にSL950を納車し、約2ヶ月、750km程乗りました。
とりあえず現時点までの感想を。

その前に、SL950を選んだ経緯について。

最初は通勤から始まった僕のロードバイク生活でしたが、幸か不幸か
ヒルクライムにハマってしまったため、9kg台(サイコン等を含めると10kgオーバー)
の重量級クロモリViperに乗っていた僕としては、例に漏れず軽量
カーボンバイクへの憧れがフツフツと湧いてきました。
そこで何となく次期バイクへ求める条件として、

・ヒルクライムに使える軽量なやつ(7kg台くらい?)が欲しい
・ただ、あまりに軽量化に振りすぎたモデルは耐久性や耐衝撃性が不安
 (ガサツな自分だとすぐに壊してしまいそう)
 →ある程度耐久性も欲しい
・そんなにお高いモデルは手がでないので、エントリー~ミドルグレード
 あたりで何とか手が出せるやつ

こんなイメージで探していたところ、某自転車店でSL950が特価で
販売されているのを見つけてしまいました。

SL950のメーカーの謳い文句として
「長距離かつ厳しい山岳も含まれるグランフォンドのために設計したモデル」
「T800炭素繊維を用いた衝撃や応力にきわめて強靭なフレーム」
「ヒルクライムや長距離のライドで理想的なパフォーマンスを味わうことができる」
といったのがありました。

僕はヒルクライムTTが趣味だけど、そこまでレース志向でもなく、
たまに月曜道上とかの山岳有りのロングライドなんかを楽しむぶんには
ピッタリだなと思い、見た目もまずまず気に入り、値段的にもなんとか
都合がつけれそうだったので、これに決めました。

前置きが長くなりましたが、SL950の感想です。

まず、軽いです。
重量的には、ホイールにレーゼロを履かせた状態で7kg台前半くらい。
Viperよりも約2kg軽くなりました。

走りも出だしや上りはViperよりも軽くなった実感があります。

またそのためか、長距離を走り終えた後の疲労感がずいぶんと軽減
されました。
SL950での最長ライドは120km程度で、柳谷~北摂方面の山岳ルート
を走りましたが、軽いぶんトータルで省エネとなるためか、長距離に
なればなる程、また上りが多いほど疲労度の差が顕著になっていく
感じがしました。

逆に柳谷TT1本程度の短距離では、疲労度という面ではあまり差はわかりません。
まあTTの場合、軽かろうが重かろうが全力で走るのでどっちもしんどい
だけかもしれませんが(^^;)

あと、振動吸収性もSL950のほうがViperよりも良く、路面の突き上げが
ずいぶん軽減されました。
これも長距離での疲労軽減にはそれなりに寄与している気がします。

Viperも振動吸収性は悪くないんですが、SL950のほうが振動はマイルドですね。
振動吸収性は素材の違い(カーボンの特性)によるところが大きいのかな?
カーボンは振動の減衰がすごく早い感じがします。
まあ同じカーボンでもフレームによって設計が違い、味付けも変わるから、
一概にカーボンだから振動が少なくて乗り心地が良いとは言えないらしいですが。。

ちなみにSL950のカーボンはT800というグレードの、そこそこ高弾性の
ものが使われているようです。
まあ僕はT800がどんなもんかよくわかってませんが、とりあえず
十分軽くて上りもこなせ、適度に振動吸収性もあって、快適に
峠を走り回ることが出来ていて、メーカーが狙ったとおりの味付けに
感じます。

なので、8割くらいの力のそこそこペースで長距離を走るような走り方に
最も向いているバイクだと、今のところ感じています。

その一方、ヒルクライムTTに関して は今のところ
期待した結果が出せていません。

柳谷(長岡京側)を何度かガチTTしてますが、未だにViperのベストタイムを
抜けません・・・

Viperのベストは14分ジャスト、SL950は14分3秒。

正直、2kgも軽いカーボンに乗り換えたら、それだけで軽くPB更新できると
思ってましたが、そう甘くはなかったですね・・・
うーん、もうちょい縮められると思ったのに・・・ブツブツ(´;ω;`)

ペダリングのやり方もViperとはちょっと違う感じがします。
Viperに比べてSL950は硬い印象。
「硬い」=「力が逃げない」
ということなのかもしれませんが、漕いだぶんだけしっかりと
推進力に変換してくれる感覚はあるのですが、
TTで必死に漕ぎ続けるとガシガシ脚が削られて、後半失速する印象です。
まあこれはフレームだけでなくホイール(レーゼロ)込みでの感覚かも
しれませんが。
とにかくViperとは少しタイミングも違えば、選択するギア比も
ちょっと違ってて、まだもう少し試行錯誤する余地がありそうです。

とりあえず今のところの感想を備忘録的にとりとめもなく書いてみました。

今後乗り込んでいけばまた印象も変わっていくかもしれませんが、
その時はまた記事にしようかと思います。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2016/12/27(火) 03:01:17|
  2. ロードバイク
  3. | コメント:2
<<新規コース開拓 | ホーム | 今年を振り返って&来年の目標>>

コメント

私の場合、乗り換えたタイミングで自己新は出たんですけど、バイクと仲良くなれたのは5ヶ月後の事でした
それまでは加速できるポイントでリズム良くペダルを叩くような回しかたをしていたのですが、SLR01はそれじゃアカンかったです
ヌルッヌルッっと回したら『これだ!』ってなりました(解りにくい( ´△`)
  1. URL |
  2. 2016/12/27(火) 07:59:19 |
  3. ザク #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ザクさん
僕からしたら、乗り換えたタイミングで自己新なら羨ましい限りですよ!
「ウン十秒更新!」とか夢見てたのが、蓋を開けたら課金効果ゼロ、いやむしろマイナスとか…(´д`|||)

あ、正味の課金効果を確かめるなら、今のタイミングでViperでTTしたらエエですね。
タイムが悪ければ自分の劣化っぷりを、変わらなければムダ金だったという現実を確認できる…
ってどっちも切なすぎるわっ!(笑)

とりあえずヌルッヌルッを意識して回してみますね(どうやって?(;・ω・)
  1. URL |
  2. 2016/12/27(火) 21:07:03 |
  3. 金魚ちょうちん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

金魚ちょうちん

Author:金魚ちょうちん
自転車通勤をきっかけにクロスバイク、ロードバイクとはまってしまいました。
京都は西山を中心に峠を徘徊しています。
所有バイク:
 ロード:Basso Viper
 クロス:Giant Tradist

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (18)
ロードバイク (19)
クロスバイク (0)
ヒルクライム (38)
STRAVA (1)
関西ヒルクライムTT (10)
自転車道場 (0)
通勤 (2)
O.H.C (4)
ペダリング (3)
柳谷登坂隊 (3)
ポタリング (2)
整備 (2)
レース (2)
月曜道上 (2)
パーツ (1)
雑感 (1)

カウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。