自転車のある生活

貯金無し門限有りのお小遣い制週末ぽたりすとの徘徊日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ペダリングのイメージ

今回はペダリングについて僕が持っているイメージを適当に書いてみます。

自転車のペダリングに対して僕は「ぶらんこ」のようなイメージを持っています。

どういうことかというと、ペダリングのコツは「リズム」と「タイミング」だということです。
ペダリングには適切なリズムとタイミングがあって、それがぴったりはまった時は
クイクイッと気持ちよく加速し、上りもスイスイ進む。

逆にリズム感なく、ただ単に力を込めた場合は、入力の割に進まない、そんなイメージ。

ぶらんこも同じで、振り子のリズムに合わせて適切なタイミングで漕いでやれば、
ぐんぐん加速しますよね。
逆にリ ズム感なくガムシャラに力を込めても振り子は振れず、場合によっては振り子の勢いを
止めてしまう。
そのイメージが僕的には自転車のペダリングと被るのです。

このイメージは単なる思い込みではなく、(ある程度)正しい感覚だという実感はありますし、
たぶん僕と同じように感じたことのある人は結構いるんじゃないかな?

とはいえ「リズム」と「タイミング」という抽象的な表現だけだと情報価値は低いので、
具体的にギア比、ケイデンスがなんぼで、クランクが何時の位置のときに力を入れて・・・
といった情報が大事なのでしょうけど・・・
あんましうまく説明できません(爆)

ってこれだけじゃアレなので、僕にとっての「適切なリズムとタイミング」をもう少し具 体的に表現してみようと思います。
(あ、ちなみに想定しているのは柳谷とかのヒルクライムTTでの話です。あくまで「僕にとっての」話です(無価値)
・ケイデンスは90±5rpmくらい(シッティング時)
・力まないと回転数が維持できないと感じたらさっさとギアを軽くする
・逆にギアが軽すぎてケイデンスが上がりすぎるようならギアを重くする
・クランクの回転速度(角速度)はなるべく一定に保つ
 →上死点、下死点はスムーズに通過させる。
  ペダル上死点までは太ももをしっかりと引き上げて、上死点を勢いよく通過させ、そのまま足を振り下ろす

だいたいこんなイメージで僕は漕いでます。

ケイデンスは個人差があるでしょうし、勾配変化への対応やギア変更のタイミングも漕ぎ方
(シッティング/ダンシング)などで個人差がありそうなので、やっぱりあまり参考にならないかもですね(やっぱり無価値)

あ、でも「クランク回転速度(角速度)をなるべく一定に保つ」というのは誰にも共通して言えるかな?
(異論、反論は受け付けますが、それに対する適切な回答はできません(無責任)

あ、気付いたら「リズム」「タイミング」の話から、「ヒルクライムTTの走り方」に変わってるような気が・・・
でも書き直すのが面倒なのでせっかく書いたのでこのまま記事にします(爆)


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2016/11/21(月) 15:37:14|
  2. ペダリング
  3. | コメント:4

プロフィール

金魚ちょうちん

Author:金魚ちょうちん
自転車通勤をきっかけにクロスバイク、ロードバイクとはまってしまいました。
京都は西山を中心に峠を徘徊しています。
所有バイク:
 ロード:Basso Viper
 クロス:Giant Tradist

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (18)
ロードバイク (19)
クロスバイク (0)
ヒルクライム (38)
STRAVA (1)
関西ヒルクライムTT (10)
自転車道場 (0)
通勤 (2)
O.H.C (4)
ペダリング (3)
柳谷登坂隊 (3)
ポタリング (2)
整備 (2)
レース (2)
月曜道上 (2)
パーツ (1)
雑感 (1)

カウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。