自転車のある生活

貯金無し門限有りのお小遣い制週末ぽたりすとの徘徊日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

11/3 初めての京都北山エリア(京見峠・花脊峠他)ライド

どうも、金魚です。

11/3(火)の祝日に、柳谷仲間のHashimotoさん、しん83さんと京都北山エリア
を走ってきましたのでレポします。

今回のライドは元々は柳谷仲間のラスガスさんの呼び掛けで企画された
走行会だったのですが、当のラスガスさんは膝痛を発症され、その具合
がまだ万全では無かったこと、また体調不良等も重なり、残念ながら今
回はDNSとなりました。

今回ご一緒できなかったのは残念でしたが、その後、膝のほうは順調に
回復されているご様子でよかったです!
焦らずしっかり治していただき、また柳谷などご一緒できる日をお待ち
しています!

さて今回の北山エリア走行会ですが、僕は京都府民でありながら、
北山エリアはまだ一度も走ったことがありませんでした。

京都ヒルクライムの聖地とも言われる「花脊峠」も未経験でしたし、
同じく人気コースの「京見峠」も未経験(^_^;)

なんでも花脊を知らないのは京都人サイクリストじゃないらしいので、
花脊には行っとかないと!と前から思っておりました。

なので今回はこの2つのメジャーコースを含むということで、とても楽しみに
していました。


走行会当日、6:30に久世橋北側の桂川CRベンチに集合でしたが、遅刻して
しまいました(汗)

実は走行会2日前にリアのシフトワイヤーがSTIの根元で切れ、タイコがSTI
内部に詰まってしまうトラブルがあって、切れたワイヤーの取り出しと交換
作業に手間取ってしまいました。

このとき、ハンドルからSTIを取り外し、ブレーキワイヤーも一旦外していた
のですが、シフトワイヤー交換と変速調整後、ブレーキワイヤーの引き代調整
が甘かったことに走行会当日の出発前に気付き、その調整に時間を食ってました…

ブレーキ調整後、遅刻しそうだったので桂川CRを飛ばして行こうとしましたが、
当日の朝は数メートル先がかすんでしまうほどのすごい霧で、スピードを出そう
にも危なくてゆっくり行かざるを得ず…

また、CRで一旦橋(鴨川)を渡る箇所で、間違えて渡る必要の無い桂川までも
渡ってしまい、大回り&ちょっと道に迷い、結局15分くらいの遅刻…

お二人には朝一から本当にスミマセンでした…

気を取り直し…
皆さんと合流してからは桂川CR終点の嵐山まで進み、そこからHashimotoさんの
先導でまずは最初のTT区間「京見峠」を目指しました。

渡月橋を渡り、仁和寺~龍安寺~金閣寺といった京都の観光名所付近を通過。
ここを自転車で通るのは初めてでしたが、いかにも「京都」という風情を感じます。

京見峠に近づいたところでHashimotoさんから
「今からスゴイ激坂を通ります」
というネタフリが。

更に進むと、確かに壁のような激坂が見えてきました!
後で調べたところ「千束坂」というらしいです。
(写真なしでスイマセン)
距離は100m程度だと思いますが、暗峠の一番キツイところがズドーンと直線で
伸びている感じ。
平均20%以上ありそう(汗)
通りかかったおじさん曰く、30%あるらしい(真偽は不明)

Hashimotoさん、初っ端からスゴいネタをブッ込んで来ましたね!
ネタ的にはかなりのインパクトでしたww

ウイリーしそうになりながらインナーローで進み、途中しん83さんがウェット
なところでスリップし落車のトラブルありながらもなんとか千束坂を通過。
一旦コンビニでトイレ休憩後、京見峠TT開始です!

--------- 京見峠 ---------
標高差 :233m
距離 :3.2km
平均斜度:6.8%
最高斜度:10%強?
(関西ヒルクライムTTより)
--------------------------

京見峠はしん83さんも初で、Hashimotoさんは経験済み。
Hashimotoさん曰く、柳谷(大阪側)ににたような斜度、レイアウトだそうな。
序盤は緩斜面、途中から林道、全体的な斜度も大阪側と似た感じ。

なるほど。距離も短めやし、最初からアウターでガンガン攻めよう!
目標タイムは、距離と勾配からすれば、とりあえず10分台くらいかな?

関西ヒルクライムTTのランキングはどんな感じかな?
KOMはキリノさんの8:50…とこんなバケモノタイムは置いておいてw

カメさんが6月に11:16出してるみたいだけど、100km走った後の記録らしい。
となれば今日1発目のTTの僕としてはなんとしてもこれよりは上に行きたい。

最低10分台は出したいな。

10分台の面子を見ると、他のコースで僕より上位にいる人が多数。
うーん、自分の実力からすれば目標は10分半くらいが妥当か。
できれば9分台狙いたいが、さすがに厳しいか。

といったところでいざスタート。

実際走って、僕も柳谷(大阪側)に似た印象を持ちました。
全体的に勾配もそれほどきついところは無く、序盤は緩めで、中盤以降
若干勾配の上がるところがあるものの10%程度が部分的にあるくらい。

距離も短めなので、今回はあまりペース配分を計算せずに出し切る感じで
攻めてみました。

さすがに中盤かなりアップアップで垂れかけてきたけど、シッティングと
ダンシングを織り交ぜながらなんとか気合で回し続ける。

終盤、何を勘違いしたか、残り2~300mくらい?のところで車が止まっていて、
そこを分岐(=ゴール地点)と勘違いしスパートしてしまう。
時計に目をやると9分台ギリギリ行けそう!

よし!9分台行くぜ!
と最後のモガキ!

…あれ!?
分岐(=ゴール地点)じゃない…?

痛恨の勘違いに気付き、燃えカス状態で残りを進んで本当のゴール地点へw

記録は10:26。
うーん、予想通りというか実力通りというか。

実力通りの力が発揮できたとも言えるが、あまりに予想通りすぎてなんとも…
ほんとヒルクライムTTって実力以上の好タイムって出ないもんですねぇ。


京見峠TT後は、続いて花脊峠に向かいます。

土地勘の無い僕はこの日もHashimotoさんとしん83さんにほぼ全区間先導を任せて
着いて行きました。
(いつも牽いてもらってばかりですみません)

京見峠から花脊峠までは、山中のアップダウンのある道を通りましたが、
けっこうな坂道続きで、花脊に着くまでにけっこう脚が削られる。

そして迎える花脊峠。

ふもとのローソンで一旦補給。

スタート手前のお決まりの天狗のところで記念撮影し、いざ花脊峠へ。
KIMG1404.jpg


--------- 花脊峠 ---------
標高差 :504m
距離 :5.8km
平均斜度:8.6%
最高斜度:約15%?
(関西ヒルクライムTTより)
--------------------------

先ほどの京見峠と違って、距離も勾配もグッと上がり、上り応え十分のコース。

序盤1kmくらい緩斜面で、あとは10%近い上りが終盤まで続くそうな。

柳谷(長岡京側)(距離4.2km、平均斜度7%)よりもだいぶボリューミーww
これは調子に乗って飛ばすと地獄を見るぞ…

それでもHashimotoさん曰く、前回走った感じでは距離も勾配も
数値ほどは大きく感じなかった。
柳谷の最初の竹やぶ区間のほうがきつく感じるとのこと。
ホントかな?

半信半疑で受け止めつつ、スタート。

最初の1kmくらいは確かに緩い斜面。
ここで飛ばしすぎると持たないはずなので、やや押さえ目で通過。
1km過ぎくらいから勾配が上がり、ギアをインナーに落とし、シッ
ティング主体で進む。

ふだん走りなれない距離なだけにペース配分が難しい。
スタミナ切れを起こさないよう気をつけながら、なるべく一定の
出力で進む。

2km、3km、4kmと進んでいくが、本当に10%程度の勾配が休みどころ無く
延々と続き、じわじわ脚を削られる。

Hashimotoさん、柳谷よりもだいぶしんどいッスよ…

途中、前を進むローディの方をパスする。

終盤はつづら折れを繰り返す区間となる。
ここまで来ればゴールは近いはず…
だけど、何せ初めてのコースなので残り距離がよくわからない。
とにかく我慢のコースといった印象。

ひたすら耐えながら進み、ようやくゴールの電光掲示板が見えてきた。
もうスパートする気力も無く、とりあえずゴール。

タイムは24:29。
まあ妥当なタイムかな。
サラ脚でもうちょっとペース配分を考えて気合入れて臨めば23分台にはいける
かな?

あ、カメさん23分24秒か…うーん、速い!

ほどなくしん83さん、Hashimotoさんゴール。
Hashimotoさん、ここ柳谷よりもだいぶしんどいですよ~、と僕としん83さん
から突っ込み(笑)
Hashimotoさんも、前回と違って今回はしんどかったみたい。
前回はサラ脚でトライしたのと、序盤にかなりゆったり目の
ペースで入ったから印象が違ったのかも?とのこと。

途中で追い抜いたローディの方が到着され、少しお話させていただいた。
やはり花脊は京都のヒルクライマーの多くの練習コースになっている
そうだが、冬は積雪で上れないらしく、冬場は柳谷などに来る人も多い
らしい。

花脊は確かに距離も勾配もシッカリ有るので、練習にはすごくいいコース
だとは思った。
めちゃしんどいけど…


本日の2大メインディッシュを終え、裏花脊側へ下り、国道477号線を
進みました。

この先は「井戸峠」という短めの上りコースがあるらしく、一行は
井戸峠を目指しました。
ここは関西ヒルクライムTTには非登録だけどSTRAVAのTT区間になっていて、
以前HashimotoさんやラスガスさんもTTしたらしく、2km弱の手頃なコース
らしい。

井戸峠スタート地点に到着。
みんなでスタート。

Hashimotoさんに
「挑戦者も少ないので、めるらさんならKOM狙えますよ」
なんて言われたもんだからちょっと頑張ってみましたが、結果は3位。
ちょっと力及ばずでした…orz

でも確かに2km弱でちょっとしたTTするには面白いコースでしたので、
次回があれば是非、KOM目指して頑張ってみようと思います。

井戸峠の後はTT区間も無く、サイクリングモードで昼食タイムへ。

この日の昼食はしん83さんのチョイスで「カモノセキャビン」という
ログハウスのカフェでカレーを。
KIMG1405.jpg
KIMG1406.jpg

なかなか美味しかったです!

僕としん83さんは中盛り、Hashimotoさんは大盛りをセレクト。
そこそこボリュームはあったけれど、ガッツリ走った後だったためか、
もう少し食べれたな。
大盛りにしとけばよかった。

しっかり走り、昼食も終えた後は帰路に着きます。

走ってて思ったのですが、北山エリアってTT区間もさることながら、
それ以外の道も自然豊かな道が多く、走りやすいし、平坦からアップ
ダウンのある山道までサイクリストにとっては本当に恵まれた環境
ですね!

是非また来たいと思いました。

帰り道も土地勘の無い僕は終始先頭を牽くことなく、お二人に先導を
任せきり(汗)

それにしてもしん83さんもHashimotoさんも平地巡航ペースがかなり
速い!
正直僕はけっこういっぱいいっぱいでした(^_^;)
お二人とも普段から結構ロング走っていらっしゃるためか、長距離の
スタミナがかなりあるんじゃないでしょうか?
(僕がスタミナ無いだけ?)

帰りはあまりよくわかってませんが、
国道162号~国道477号~あとはよくわからず…
で、気付けばかの有名なベッキーファンライドのベッキー前に到着!

おお!これがかのベッキーか!
とスマホを用意し写真を…というところでスマホの電池切れ…(T_T)

ベッキーをカメラに収めることが出来ず、STRAVAのログも
ここで途切れてしまいました(涙)

ここまでで走行距離は127.2km。
その後は亀岡~老ノ坂(国道9号)~桂川CRを通って帰宅。

途中、しん83さんオススメのあわしま堂という和菓子屋さんで和菓子を購入。
家族へのお土産に。
わけあり品(?)などで格安!


そんなこんなでめちゃくちゃ疲れたけど、めちゃ楽しかった走行会でした!
走行距離はたぶん170kmくらい。
結局帰宅したのは夕方17時くらいだったかな。

事故や怪我なく無事に楽しいライドができたことをHashimotoさん、しん83さん
に感謝です!

また機会があればご一緒よろしくお願いしまっす!


※p.s.この走行会の翌日、朝柳にお誘いしたにもかかわらず寝坊DNSしてしまい
 しん83さんには申し訳ないことをしました。
 すみませんでした。
 (あまりに疲労が大きく、体がうごきませんでした…)

ポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. 2015/11/09(月) 14:32:43|
  2. ヒルクライム
  3. | コメント:7

11/1 朝練 善峯寺

11/1(日)早朝

なんとなく気分的にいつもの柳谷ではなく、久しぶりに別のコースに行きたくなった。
前日(10/31)にフラワーさんの走行会で万灯呂山を含む100kmライドしたばかりだったので
若干脚が重い。
柳谷に行ったらどうしてもガチTTモードになってしまうのでちょっとしんどいし、
最近なかなか更新できてないので、何となく気持ちが乗らなかったのもあり(笑)

とりあえずずいぶん前にチャレンジしたきりで、今行けば更新が確実な善峯寺に
行っとこうかとw

7時前くらいに自宅を出発。
この日は2時間コースで、帰りに家族の朝食用のパンを買って、9時頃に帰宅予定。

長岡天満宮の裏を通り、府道10号線を進み、途中で左折し府道208号線を走って善峯寺スタート地点へ。

今までTTは前半しかしていなかったが、今日は前後半一気に登坂し、そのまま大原野の方へ抜ける予定。
ただ、善峯寺後半は京都のヒルクライムコースの中でも屈指の激坂なので、ガチTTは前半のみで、後半は
とりあえず足付き無しで登れればいいかなとw

ちなみに善峯寺のスペックはこんな感じ
----- 善峯寺(前半)(関西ヒルクライムTTより) -----
標高差 :220m
距離 :2.5km
平均斜度:8.8%
最高斜度:約25%?
-----------------------------------------

最初1kmくらいは緩やかな緩斜面だけど、1kmあたりの十輪寺を超えた
あたりから勾配がグっと上がり、終盤は20%超の激坂となる。

ちなみにこれまでのベストは今年の3月8日に記録した11分5秒。
今日はとりあえず10分台前半あたりを狙ってTT開始。

序盤の緩斜面はアウターに入れてガンガンとばし、斜度が上がる中盤からはインナーに落として
無理せず回した。

終盤、バスの駐車場を超えてからラスト400mは平均斜度15%、部分的に20%越えもあるという激坂
区間。ここはインナーローの34x28Tでもしんどい(汗)
あらかじめ起動していたストップウォッチを見ると、9分台はちょっと無理そうな感じ…(汗)
なんとか前半のゴール地点を通過。時間を見ると10分10秒台あたりの様子。
そしてそのままノンストップで後半へ。

後半のスペックはこんな感じ。
----- 善峯寺(後半)(関西ヒルクライムTTより) -----
標高差 :174m
距離 :1.2km
平均斜度:14.2%
最高斜度:約30%?
-----------------------------------------
距離は1.2kmと短いながらも、平均14.2%、Max30%と暗峠を彷彿とさせるような激坂!!

前半をほぼ全力でTTして消耗している上にこのスペックは堪えました…(||´Д`)o
もう後半はTTどころじゃなく、足付きせずにヨチヨチ登るだけで精一杯。
おまけに路面は石ころだらけで道幅も狭く、スリップやパンクのリスクが半端ない(; ̄д ̄)
なんとか足付き無しで登りきり、そのまま府道733号(金蔵寺から続く道)へ合流。

大原野森林公園方面へ抜け、府道6号線に合流し、高槻方面へ芥川沿いを下り。
それから高槻市街までは下り切らずに、神峯山寺へ行く抜け道を通って川久保へ
抜け、府道79号線へ。
そう、柳谷を高槻側から上るルート。いつもカメさんと夜連で走っているルートです。
ここまで来たときは既にかなり消耗していたけれど、最後までなるべく高強度を
保ち、ちょうど2時間程度で朝練終了。

いつもの自宅近くのパン屋に寄って朝食用のパンを買って帰宅。

今回はアップダウンばかりのかなりしんどいコースでしたが、善峯寺をノンストップで前後半
登り切れたこと、またその中においても、前半は目標通りのタイムが出せたことは
収穫でした。
また善峯寺だけじゃなく、その後の区間もアップダウンのあるよい練習コースに
なりうることが分かったので、今後、善峯寺か金蔵寺を通る練習コースにしようかな。

ちなみに今回の善峯寺のタイムは…
前半:10分16秒
後半:9分45秒
でした。



ポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村

  1. 2015/11/07(土) 00:52:00|
  2. ヒルクライム
  3. | コメント:0

サイクルフラワー常連さん走行会に参加 万灯呂山ヒルクライム~猪ラーメンライド

ご無沙汰です。
金魚ちょうちんです。

最近仕事やプライベートが忙しくてブログの更新をさぼってました f^_^;)

10/31(土)に、当ブログでも何度か記事にさせていただいている、パン屋狩り
仲間の赤ビアさんから走行会のお誘いを頂き、万灯呂山~猪ラーメンライド
に行ってきました。

今回の走行会は、赤ビアさん行き付けの、枚方市にあるサイクルショップ
フラワーさんの常連客の皆さんで企画されたもので、万灯呂山ヒルクライム
と、ふもとの怪しい(?)猪ラーメン屋さんで猪ラーメンを食べよう、という
趣旨の走行会でした。

僕はフラワーさんの常連客というわけではないのですが、万灯呂山の
ヒルクライムがあったためか、ヒルクライム好きの僕のために赤ビアさん
がわざわざお声をかけていただきました。
僕もちょうど万灯呂山にも近々行こうと思っていたところだったのと、
猪ラーメンも個人的に気になっていたところだったので、このお誘いに
乗らせていただきました(笑)
赤ビアさん、お誘い頂き本当にありがとうございました♪


当日は朝9時にフラワー店舗に集合。

当日は遅刻しないようちょっと早めに、7時40分くらいに自宅を出発。
R171~淀川沿いのCRを通って枚方大橋を渡り、枚方市駅方面へ。
ちょっと早く着きすぎた。

30分以上前に到着しそうだったので、近くのコンビニで少々時間
をつぶし、15分前くらいに店舗に到着。
フラワーKIMG1394


既に1名、リドレーのバイクの方(以下リドレーさん)が来られていたのでご挨拶。
クランクがデュラ、ホイールがshamal milleとめちゃカッコイイ!

しばらくして他の方々も続々と到着。
また、今回は同じくフラワー常連さんのコージーさんがお見送りに
きて下さいました♪
ブログやSTRAVAではちょくちょくやりとりさせていただいてましたが、
お会いするのは約1年ぶり。
お仕事のため残念ながら走行会はご一緒できませんでしたが、
実際にお会いして、少しでもお話ができてうれしかったです。
休日が合わないのでなかなかご一緒する機会がありませんが、
いつか走行会もご一緒できればいいなぁ。

さて今回の走行会メンバーですが、全部で5名の方が集まりました。
赤ビアさん、
リドレーさん、
Giosのロードに乗られた女性ローディの方(Giosさん)
テスタッチのシクロクロス車の方(テスタッチさん)
そして僕。

僕は赤ビアさん以外の方とははじめましてなのですが、
そういえばコージーさんのブログで皆さん登場されていらっしゃる
ので、なんとなく初めてでないような気がしました…(^_^)

気さくで接しやすい方ばかりだったので、少々人見知りな僕も
内心ちょっと安心しました(^_^;)

しばし談笑した後、出勤されるコージーさんを見送り、僕たちも出発。

万灯呂山を目指し、淀川CRへ。
まずは流れ橋まで走ります。

最初は赤ビアさんが先頭を牽いて下さました。
風向きも良く、いいペースで軽快に進みます。
天気も良く、気持ちいい!

程よく進んだところで先頭交代しながら、なかなかのペースで進みます。
だいたい30km/hくらいでしょうか。
紅一点のGiosさんもペース的には大丈夫かな?と思ったのですが、
全然問題なく付いて来られていました。
それどころか、Giosさんが先頭になってからペースが上がった!?
33km/hくらいでしょうか。かなりのハイペースで、これにはみんなビックリ!

流れ橋で一旦小休止。
かなり軽快なペースでここまでやってきました。

Giosさんの男前(?)な牽きっぷりに皆さん総突っ込み(笑)
見た目の可愛らしさと走りのギャップがスゴイw

んで、良く見るとGiosさんのリアスプロケ、Max25Tでした。
これでヒルクライムしていらっしゃるそうで、またまたびっくり!
僕はリア28T無いと安心して山に出掛けられません(汗)
すごい女性もいるもんだ…

休憩を終え、万灯呂山を目指します。
このあたりはテスタッチさんがお詳しいそうなので、テスタッチさんに
先導してもらい、スタート地点に到着。
早速万灯呂山ヒルクライムの開始です。

「マイペースにポタろうかな…」なんて言ってみましたが
皆さんからお許し(?)が出ず、ガチTTで上ることに(笑)

ちなみに万灯呂山のスペックはこんな感じ(関西ヒルクライムTTより)
-----------------------------------
標高差 :258m
距離 :3.6km
平均斜度:7.2%
最高斜度:15%弱?
-----------------------------------

距離も勾配もユルすぎずきつすぎず、初心者でも登坂可能でありながら
そこそこ上りごたえのある、僕的には割と好きなコースです。
何と言っても上り終えた後、頂上の展望台からの景色が素晴らしい絶景
なのが魅力のコースです。

ちなみに、以前記事にもしましたが、高取城ヒルクライムレース後に、
いくつかのTTコースにおいて今年の目標を再設定しました。
その中に万灯呂山も12分切りという目標を立てていました。
なので、今回の目標は12分切り!

万灯呂山は7月に一度上っていて、そのときのタイムが12分21秒。
前回は初挑戦だったこともあり、やや様子見で走っての記録でしたが、
それでもかなり全力に近い走りだったので、今回12分切りできるかは
五分五分かな、といったところ。

テスタッチさんの先導で到着したスタート地点は関西ヒルクライムTT
のスタート地点から若干ずれていた(数十メートル先になっていた)ので、
僕は一旦関西ヒルクライムTTのスタート地点(=STRAVAのスタート地点)
まで戻ってから、TT開始しました。

テスタッチさんとリドレーさんもガチTTされる模様。
赤ビアさんとGiosさんは後からマイペースで。

とりあえず僕からスタート。
僕はとにかく今回一発で目標達成したかったので、スタートから全開で飛
ばしました。

…スタート後まもなくの分岐で、早速道を間違えました(T_T)
三叉路の真ん中を行くべきところを右へいってしまって、すぐに間違いに
気付いてUターンし、進み直したものの、おそらく10秒くらいのロス…orz

事前にレイアウト確認してたのに…、ちょっと焦りすぎw
引き返してやり直すのも気が引けたので、そのまま再開。

序盤あまり飛ばすと中盤以降バテるな、とは思ったのですが、コースミス
による遅れを取り戻そうと焦って飛ばし、案の定中盤以降バテましたw

後半の斜度がゆるむ区間に差し掛かってもペースが上がらない(汗)

終盤、一旦下ってからの上り返しも、本来なら下り区間の勢いそのままにガンガン
攻める予定が、ヒイコラいいながら力が入らず…、それでもなんとか踏ん張って
フィニッシュ!

かなり頑張ったけど、コースミスもあったし12分切りは難しいかな…
ストップウォッチを起動し忘れてたので、後でSTRAVA確認しないとこの時点では
結果は不明。

程なくしてテスタッチさん、リドレーさんもゴール。
お二人で熱いデッドヒートが繰り広げられていたそうです。
その数分後にGiosさん、赤ビアさんとゴール。

みんなそろったところで、頂上の展望台で絶景を楽しみました。
万灯呂山の魅力は何と言っても頂上の絶景ですね!
僕のホームコース柳谷の頂上はベニーカントリー倶楽部の看板が
あるだけなのですがw
こうやって眼下に広がる景色を楽しめるコースは本当に気持ちいです。

前回は曇り空であまり景色が楽しめなかったのですが、
今回は快晴で、遠くまで景色が見渡せてとても気持ちよかった~!
万灯呂景色KIMG1396


記念撮影をしてから、来た道を下ります。
続いては、万灯呂山のふもとあたりにある猪ラーメンのお店に行きました。

ほったて小屋風のあやしい店内にはこじんまりしたテーブル席。
僕は猪ラーメンを注文。
値段はなんと300円。
正直あまり期待してませんでしたが、これがなかなか美味い!
しかも肉もたっぷり入ってボリュームも十分。
すごいコスパの高さ!
っていうか採算とれてんの?
猪ラーメンKIMG1399


猪肉って臭みもなくて、普通のチャーシューとかと変わらない感じで、
普通に美味しかった。

赤ビアさんはここは3度目だそうで、店長のおじさんとの掛け合いが面白い。
食事もトークもボリューム満点でしたw
あと、赤ビアさんがサービスでおごってくださった、おつまみの鹿肉も
かなり美味かったです。
鹿肉は初めてだったけど、あっさりしてて食べやすかったです。
他の皆さんも、猪ラーメンも鹿肉も好評だったみたいで、みんなおいしい
って言ってた。

ご馳走様でした。
ここはまた来たいな。

あ、あと、猪ラーメン屋に到着したところでSTRAVAの途中ログで通過した区間の
記録を確認しました。
万灯呂山の結果は11分57秒!
なんとかぎりぎり今年中の目標を達成できました!
うーん、コースミスがなければあと数秒はイケたか…

とりあえず今年の目標の一つはクリアできて一安心。
残るは大正池ソロで20分切り、もしくは複数での19分切り。
複数での19分切りはたぶん無理なので、実質ソロでの20分切りを目指そう。
なんとか今年中に達成したいなぁ。
11月中にどこかで1回はチャレンジしてみよう!


ラーメン屋を後にしてからは、一旦木津川CRに戻って南下し、そこからは
土地勘の無い僕は皆さんに先導してもらいつつ、終点のフラワーさんまで
向かいました。

帰りのルートは正直よくわかっていませんが…(汗)、
精華町~交野市~枚方市あたりを通ってフラワーさんまで。

途中、赤ビアさんオススメのパン屋さんに寄りつつ
(場所、名前わすれちゃいました(汗)スミマセン…、クリームパンが美味かった!)
パン屋KIMG1401

鳥谷池というところでヒルクライムあり、
リドレーさんとテスタッチさんとの3人で
プチレース的なバトル(?)をしつつ…
気持ちいいダウンヒルありつつ…
(端折ってスミマセン)

フラワーさんに到着する少し手前でGiosさん離脱。
高速トレインと万灯呂山ヒルクライムのためか、だいぶ
お疲れだったご様子ながらも、最後まで明るく楽しそうな
ご様子が印象的でした。

あとの4名はフラワーさんまで戻りました。

後半のルートは初めてだったので正直どこをどう通ったかあまり
わかっていませんが、赤ビアさんが走りやすいルートを選んで下さり、
程よいアップダウンがあって気持ちよかったです。

また今回は通りませんでしたが、まだ僕が行ったことのない激坂「交野山」
にも今度行ってみたいです。

途中、赤ビアさんから
「ここが交野山のふもとです。こっちに行けば交野山です」
と教えてくださいました。
正直、ちょっと行ってみたいな、とも思いましたが、それまでに十分
満足な内容のライドをこなした後だったのと、いいお時間でもあったので、
また今度のお楽しみとしてとっておきました(笑)

フラワーさんに戻てからは、お店にお邪魔して今日の様子を振り返りながら
しばし談笑。

店長さんにも久しぶりにお会いしましたが、相変わらず真面目な仕事ぶりと
気さくなお人柄、また奥様の明るい性格、集まってこられる常連さんも
皆楽しそうで、改めていいお店だなぁ、と実感しました。

ほんと楽しかったです。
赤ビアさんはじめ、ご一緒いただいた皆さん、今回はどうもありがとうございました!
また機会があれば、ご一緒させてください!


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
  1. 2015/11/04(水) 19:59:16|
  2. ヒルクライム
  3. | コメント:8

プロフィール

金魚ちょうちん

Author:金魚ちょうちん
自転車通勤をきっかけにクロスバイク、ロードバイクとはまってしまいました。
京都は西山を中心に峠を徘徊しています。
所有バイク:
 ロード:Basso Viper
 クロス:Giant Tradist

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (18)
ロードバイク (19)
クロスバイク (0)
ヒルクライム (38)
STRAVA (1)
関西ヒルクライムTT (10)
自転車道場 (0)
通勤 (2)
O.H.C (4)
ペダリング (3)
柳谷登坂隊 (3)
ポタリング (2)
整備 (2)
レース (2)
月曜道上 (2)
パーツ (1)
雑感 (1)

カウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。