自転車のある生活

貯金無し門限有りのお小遣い制週末ぽたりすとの徘徊日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

筋肉痛のち膝痛 ~伊賀(柘植)までロングポタ~

どうも、金魚です。

ただいま筋肉痛と膝痛です(><)

といっても、自転車が原因ではありません(たぶん)。

この3連休の中日の11日に、町内会の運動会に参加しました。
自治会に入っている我が家にとって、この運動会は毎年恒例
の行事となっていて、特に僕は毎年なぜかほぼ強制的に選抜
リレーのメンバーとして(勝手に)登録されているので、抜け
られないのです(^^;)

(僕が特別足が速いわけではなく、僕の地区は高齢者が多くて
若い世帯の参加者が少ないためです)

まあ地域行事に参加してご近所さんとの交流を深めるのも大事です
からね。それはそれで楽しませていただきました。

そんなわけでリレーを含めた数種目に参加し、普段使わない筋肉
を存分に使ってしまったため、脚、特に太ももが筋肉痛になって
しまいました…

走るほうは最近めっきりなので、ほんの100mほど全力で走っただけで
ヤラれてしまいました。
自転車だと100km走っても平気なのに…


翌日の12日、当初の予定が無くなったので、弟に声を掛けてみたところ、
久々にちょっと一緒に走ろうかとなりました。

運動会の疲れもあったので、午前中を目処に軽く走る予定が、話の流れで
伊賀まで往復150kmのロングライドに行くことにw
伊賀(柘植)のドライブインまで飯を食いに行くグルメポタ(?)です。

しかし50kmほど走ったところで右ひざが痛くなり、まともに走れなくなり
ました(涙)

これもたぶん運動会が原因…なはず?

たぶん、前日の運動会で筋肉痛になった足で自転車にのったため、ぎこちない
ペダリングになってて膝にキたんだと思います。

とりあえずダンシングすると痛いので、後半はほとんど軽いギアでの
シッティングでしのぎました。

おまけになぜか行きも帰りも向かい風だし、膝も痛いしで、ほぼ全区間弟の
後ろに張り付いて楽させてもらいました(兄の威厳ゼロw


…これだけじゃ何なんで、伊賀までのルートと若干の感想を。

目的地は伊賀(柘植)の伊賀ドライブイン。
安くてボリューム満点のオムライスがあるそうな。
早朝6時半に出発し、9時くらいに目的地着で朝飯食って帰る予定で出発。

ルートは、木津川CRで井手町まで行き、大正池を通って和束町~信楽~伊賀(柘植)
往路は約80km弱だったかな。
国道307号を通って宇治田原から行くほうが近かったのだけど、せっかく(?)なのでw
往路は大正池を通って。
ただし道のりは長いのでTTは無しで通過(といいつつ結構な強度で走ってしまいましたがw

裏大正池を下ってから信楽までは緩い上り、信楽を抜けて伊賀方面は下り基調。
とにかくアップダウンが多くてしんどいです。

目的地の伊賀ドライブインへは9時半くらいに到着。
高速道路のサービスエリアみたいな雰囲気で土産物屋や食堂があって、ご当地物や
忍者グッズなど(伊賀だけにw)売ってました。

食堂のオムライスは噂どおりのボリューム満点でとても食べ切れそうに無い量で770円。
ちなみに僕はどて丼定食、弟はカツ丼定食と二人ともオムライスはチョイスせずw
(写真も無しでスイマセン。伊賀ドライブインでググれば色々出てきますのでご勘弁m(__)m

あ、味は美味しかったですよ。
でもまあ普通のサービスエリアの食堂の味って感じでしたが。
それよりも定食ものが500円(僕のどて丼定食も)とか、安くてボリュームあって、
コスパは高かったです。

復路は信楽まで来た道を引き返し、信楽から先は大正池方面には行かず、国道307号を
通り宇治田原~木津川CRを通って帰路へ。

結局帰宅時刻は午後1時を過ぎてました。
(あー、これなら月曜道上に参加できたなぁ…
丹後半島一周&グルメライド超楽しそう。
いやでも行ってたら結局膝痛でご迷惑をお掛けするハメになるとこだった(涙)ので、
やっぱり行かなくてよかったか…ブツブツ)

なお、国道307号は車通りが多く、ダンプやトラックもけっこう通っていたので、
あまり走りやすいとは思えませんでした。

往路に走った、和束町から信楽までの府道5号(木津信楽線)はそれほど車どおりも
なくて走りやすかったですが。
(日にちや時間にもよるかと思いますが)

ちなみに150kmは僕的には自己最長距離で、かなり疲れましたがなかなか充実感
はありました。
でも冒頭で述べた膝痛と、いつも通りのスタミナ切れにより、全体的にユルめのペースでの
チンタライドとなりましたが(T_T)

弟のほうは相変わらず僕よりもスタミナがあって、ほぼ全部先頭を引き続けたのに
速度的にもまだまだ上げれそうだったし(今回は僕に合わせて速度調整していた)、
距離的にもまだまだ行けそうな感じ。

僕は速度も距離も、これ以上は無理!でした…(T_T)


うーん、もう少し体力つけたいと感じた今回のライド。
トレーニングというよりグルメポタだったにもかかわらずイッパイイッパイとかw
やっぱりロング増やさないとスタミナつかないのかな。

その前に筋肉痛と膝痛を治さねば。

とりとめも無い内容でスイマセン…


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2015/10/13(火) 19:22:21|
  2. ポタリング
  3. | コメント:4

ペダリングについて再考

今年の5月に、ペダリングについての考察を記事にしました。

ざっくりとした内容としては、
・無理に踏み込まず、なるべく自分の脚の重さだけで回るギアを選ぶ。
・膝下や前側の太ももは意識からはずす。
・股関節、お尻の筋肉を使ってペダルを回す。
というような乗り方を紹介していたと思います。

今でも僕は基本的にこの乗り方で乗っています。
速度重視というよりは効率重視の乗り方かなと思います。
(素人の自己流走法なので正しいかどうかはわかりませんがw)

僕は元々通勤から自転車生活を始めて、最初はTTやレースとは無縁だったため、
速さに対するこだわりはそれほどなくて、その代わり、いかに日々の通勤を
快適で楽しくできるか、というのを重視していました。

「なるべく楽に、省エネで快適に」
というコンセプトでペダリングを追求すると、冒頭の乗り方にたどり着いた気がします。

「力を込めなくても、脚の重さだけでクランクが回せればエネルギーはほとんど必要ない」
ちょっと極端ですが、イメージ的にはそんな感じでした。
(勾配のきつい上り坂など脚の重さだけでは回らないところもありますが)

人の脚って案外重いので、ギアさえ選べば意識して力を込めなくてもペダルに
脚を乗せるだけでクランクは回る。
乗り手はそのクランクの回転に合わせて股関節を上下運動するだけでよい。
そうすれば余分な力を使わず身体への負担も少ないので、膝などの故障もなく、
楽に長距離を乗れる。

そのように考えていました。
(正しいかどうかはわかりませんw)

その後ヒルクライムにはまってTTをするようになり、それに伴い「速さ」を求める
ようになりましたが、しばらくはこの乗り方で乗っていました。
ただ、ある時からこの乗り方だけでは「速さ」を求めるには限界があると感じるようになりました。

きっかけは3月のO.H.C京都走行会。
柳谷(大阪側)を軽めのギアで必死でクルクル回している僕の横を、
重いギアをダンシングで一気に抜き差って行かれた方がいたのです。

キリノさんでした。
当時の僕はその圧倒的なパワーとスピードに度肝を抜かれ、衝撃を受けました。
これがレーサーの走りかと。

いくら効率を重視してクルクル軽く回したところで、圧倒的なパワーの前には
到底適わないことを身を持って知りました。
(燃費は良いけど非力な軽自動車が、高馬力のスポーツカーにぶち抜かれたイメージですw)

やはり速さを求めると、効率だけでなくパワーをつける必要がある!
TTやレースでは、「決められた区間を最も速く走る走り方」が正しい走り方であって、
今までの僕の走り方だけでは太刀打ちできない。

それ以来、効率的に上る走り方と、パワーを重視した走り方の両方を意識して
走るようになりました。

でも、パワーを意識するとしても、どのようなペダリングをすれば良いのか?
そこから試行錯誤が続きます。

自転車の仕組みからいって、今以上に速度を上げるには、
・(ギア比をそのままで)ケイデンスを上げる
・(ケイデンスを落とさずに)ギアを重くする
の2通りがあると思います。

僕の場合元々ケイデンスが高めだったので、これ以上ケイデンスを上げるのは
ちょっと無理がありそうだと思い、ギアを重くする方向で試みました。

今までとなるべく同じケイデンスを保ちつつ、ギアを重く出来ないか?
そう考えたのです。

しかしながら実際はそう簡単にはいきませんでした。

ギアを重くするとペダルが回り辛くなる

一生懸命踏み込む

脚がすぐに疲れてタレる

こうなると今まで身に付けた効率的なペダリングも乱れてしまい、失敗に終わります。

ではギア比はそのままでケイデンスを上げるのはどうか?
ってそれが簡単にできれば苦労しません。
今まで既にハイケイデンスで目一杯回す乗り方でやってきたんですから…

そして振り出しに戻ります。

結局、未だに試行錯誤の途中ですが、とりあえず今試しているのは、
「フォーム(ペダリング)が乱れない範囲で徐々に重いギアに慣れていく」
ことです。

いきなり重いギアを使ってもフォームが乱れるだけなので、
「きれいに回せるペダリングを意識しつつ、速度も保てるギアの中でなるべく重いギアを使う」
ことを試しています。
(柳谷 大阪側のアウター縛りはこの試みの一つです)

「軽いギアしか使わない人は重いギアを使いこなせないが、重いギアをきれいに回せる
人は、軽いギアもきれいに回せる(使いこなせる)のではないか」
そう考えたからです。

そして、なるべく今までのケイデンスを保ったまま重いギアを使いこなせるようになれば、
それは結局重いギアに耐えうる体(筋力)が付き、出力パワーがアップしていることであり、
結果的に速度も上がるということになるのではないか。

そんな素人の勝手な解釈と浅はかな思いつきによるペダリング見直しですが、
とりあえずしばらくこんな感じでパワーアップを試みてみようと思います。

つまるところ、ペダリング云々言うよりは、結局パワーを上げないこと
には根本的な実力アップは見込めないのではないか、という考えに
落ち着いたということです。

長々と書いた割にはイマイチ中身の薄い素人理論になりました(´・ω・`)

※間違っていたら誰か指摘してくださいw

ポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
  1. 2015/10/06(火) 16:42:27|
  2. ペダリング
  3. | コメント:10

10/4 朝柳 -長岡京側 更新狙ってガチTTも…-

8月、高取城レース後に今年の目標を再設定しました。
当然ホームコースである柳谷の目標タイムも設定しました。
大阪側 :12分半切り
長岡京側:14分切り

ここ最近、怪我をしたり、大阪側をメインでTTしたりで長岡京側はしばらく
ベストコンディションでのガチTTはできていませんでした。

大阪側に関しては、シルバーウィークあたりから更新を連発しており、
先週の朝練では(集団走行の恩恵を存分に受けた結果ではありますが)
12分24秒と、なんとか一応目標の12分半切りを達成できました。

別途ソロでも達成したいところではありますが、大阪側ばかりに偏るのもアレなので、
とりあえず次は長岡京側も更新を狙ってガチTTをしてみようと思いました。

ちなみに長岡京側の自己ベストは14分29秒で、8月9日に出した記録です。
あれから約2ヶ月、怪我などで調子を落とした時期もありましたが、最近は高強度な
練習も増やしたり、大阪側で記録更新を連発したりと調子は上がってきていると
実感していました。
なので、コンディションを整えてトライすれば長岡京側も更新できるはず!
そう思い、決戦日を10/4に設定し、チャレンジすることに(大げさ

決戦日の数日前からコンディションを整え、前日の10/3はノーライド。
柳谷登坂隊のLINEに「明日長岡京側6:30から更新狙ってガチTTします」旨のコメントを入れる。
また、タイヤもそろそろ交換時期が来ていたので、この際ルビノプロ3から
軽量なパナレーサーのRace L Evo2に、ついでにチューブもビットリア ウルトラライトから
R'Airに交換。
足回りの軽量化もバッチシ!

ここまでやったからには更新したい、いや更新できるはず!
大阪側を短期間で大幅に更新しているだけにかなり自信有り!

問題はどれだけ更新できるか。
目標の13分台までは30秒の更新が必要。

さすがにいきなり13分台は厳しいか?
STRAVAのKOM kentaroさんの記録14分9秒までは20秒。
うーん、20秒か、、、かなり厳しそうだな。
でも一度でいいから長岡京側のKOM取ってみたいなぁ!
(すぐ取り返されそうだけど)

というわけで今回の目標は14分9秒(20秒の更新)!
あわよくば14分切りの13分59秒(30秒の更新)!
(冷静に考えると8月までにも何度もガチTTしてようやく出せた記録がそう簡単に更新できるはずもないんですけどね)

当日は朝5時に起床。
決戦に備えて悠々と準備し、自宅を出発。
なんだか脚も軽く感じる。
調子はよさそうだ!

自宅からスタート地点までだとアップ不足と感じ、長岡天満宮裏あたりのアップダウンの
ある道まで往復し、しっかり体をあたためてから、いざスタート!

最初の竹やぶ区間を快調に飛ばします。いい感じだ!
このペースを維持できれば更新の予感!ニコニコ(^_^)

…竹やぶ区間の途中から体がずっしり重く感じます。
アレ?飛ばしすぎたか?

第1ピークで3:56。
自己ベスト時と同タイム。
ペース的にはまずまず…なのに、既にだいぶしんどいぞ!?

一旦下ってから楊谷寺までの上りでタレました(T_T)
オカシイなぁ…、体調バッチシ整えたはずなのに…

分岐で朝柳な皆さんが僕を待ち構えているご様子…
分岐のタイムは…8:47
ベスト時から16秒遅れ
ウゥ、シンドイよ~
LINEで「ガチTT予告」なんかするんじゃなかった…(涙)
いや、まだ諦めるな!最後まで全力を尽くすぞ!

しかしながら気持ちとは裏腹に脚が回りません。
後半、精一杯頑張るも、12%看板で12:00(ベスト時の25秒遅れ)。
ラストのベニカンまでの狭道も伸びず、最終タイムは15分2秒(T_T)(ベスト時の33秒遅れ)

あれ~オカシイなぁ…
ベスト更新どころか14分台も出せなかった…
大見得切っておいてベストから30秒以上遅いとは…(恥)

でも、最近の調子とか事前のコンディション的にはイケルと思ったんすよね。
何がいけなかったのか…

STRAVAの区間比較で自己ベスト時との比較をしてみると、最初の5、600mあたりで
ベスト時よりも7、8秒速い。これは明らかなオーバーペース。
どうやら気合入れすぎて空回りしてたようだww
その後ズルズル失速、残りの区間も上がらず…

今回の反省点。
出だしのペースには気を付けよう。
最初の急斜面で実力以上のペースで入ると早々に終わってしまう。
相変わらず前半飛ばしすぎて後半タレる…、いい加減学習しよう!

そもそも高々2ヶ月程度の間にそんな大幅な実力アップなどできていないはず。
自分の実力は正しく把握しておきましょうw
(設定した目標に無理がある)
まずは1秒でもいいから自己記録更新から目指そう。
出来もしない目標を立ててもシンドイだけですヨ!
というわけで、とりあえず次回からはいきなり20秒とか30秒の
更新とは言わず、自己記録を少しずつでも更新目指します。

ゴール後はすぐに引き返し、楊谷寺の分岐へ。
朝柳な皆さん(ラスガスさん、しん83さん、PIECEさん、PIECEさんのお連れさんのIさん)
にご挨拶。

皆さん:「どうでした?(更新)イケました?ワクo(´∇`*o)(o*´∇`)oワクワク」
僕  :「ダメでした…(´・ω・`)」

なんか残念なモノをお見せしてしまいスイマセンでしたw
(とは言いつつ今日も皆さんの笑顔に会えてウレシイ自分w)

ここでPIECEさんとIさんとはお別れ。
ラスガスさん、しん83さんと僕は大阪側へ下り、追加の1本。

下ってる途中、チェーン落ちで止まっているHashimotoさんと遭遇。
大阪側TT中の後半でチェーン落ちされたとのこと。
Hashimotoさんも大阪側リトライでご一緒していただけることに。

大阪側も頑張りましたが、結果は13分14秒。
今日の精一杯でしたがベストからは遠く…
なかなか毎回満足の行くタイムは出せませんな。
またしっかり鍛えて年内にあと何度か再チャレンジします!

追記:10/5 ついに!ラスガスさんが平均くん倒されました!
おめでとうございます!
朝練ご一緒させてもらってる方が目標達成されるとなんだか
すごくうれしいし、次は自分も!とパワーをいただけて
ありがたい限りです!
しん83さんも大阪側、長岡京側共に連日更新と、まだまだどんどん
伸びそうな勢いですごいです!
僕もまだまだ皆さんと一緒に成長していきたいですので今後も
よろしくお願いします!

ポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
  1. 2015/10/05(月) 18:14:40|
  2. ヒルクライム
  3. | コメント:4

プロフィール

金魚ちょうちん

Author:金魚ちょうちん
自転車通勤をきっかけにクロスバイク、ロードバイクとはまってしまいました。
京都は西山を中心に峠を徘徊しています。
所有バイク:
 ロード:Basso Viper
 クロス:Giant Tradist

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (18)
ロードバイク (19)
クロスバイク (0)
ヒルクライム (38)
STRAVA (1)
関西ヒルクライムTT (10)
自転車道場 (0)
通勤 (2)
O.H.C (4)
ペダリング (3)
柳谷登坂隊 (3)
ポタリング (2)
整備 (2)
レース (2)
月曜道上 (2)
パーツ (1)
雑感 (1)

カウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。