自転車のある生活

貯金無し門限有りのお小遣い制週末ぽたりすとの徘徊日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Viperスカイブルー隊 走行会 ~木津川パン屋さん巡り~

3月28日

当ブログを訪れてくださっている“パン屋狩人”こと赤ビアさんのお誘いで、木津川のおいしいパン屋さんを巡るライドに行って来ました。

最近ヒルクライムTTがメインになっている休日ライドでしたが、こういうグルメポタも大好きなので、この日をとても楽しみにしていました。
(本来こういうグルメライドやマイペースなロングライドなどが目的で始めたロードだったはずが、最近すっかりストイックな方向に路線が変わってきてる…)。

朝8時に御幸橋で待ち合わせ。
朝バタバタしてて数分遅れて到着。
すでに赤ビアさんが到着されていました(お待たせしてすみませんでした)。

お会いするのは去年8月のサイクルショップフラワーさんでの道場長Viper試乗会以来。
かなりお久しぶりでしたが、ブログを通じてやりとりさせていただいてたこともあって、早速話が弾みます。

赤ビアさんは僕と同じViperスカイブルーをお持ちで、なんとウェアも僕と同じモンベルをご愛用(この日は僕は着てませんでしたが)と、レアな共通点が多い!
すごい親近感と不思議なご縁を感じます。
この日のバイクも、2人とももちろんViper。
赤ビアさんのViper、とてもきれいに乗られてて、愛情を持ってお手入れされているのが伝わります。

というわけでViperスカイブルー隊 第1回目走行会 記念の1枚@御幸橋
御幸橋viper2台



しばし談笑した後、目的の木津川パン屋さんへ向けて出発。
木津川CRを二人でダベリングしながらのんびり進みます。
天気も良く、気温も暖かく正に自転車日和。
行きはちょっと向かい風気味でしたが、いつもの急かされるようなヒルクラTTと違い、景色や風を楽しみながら走るのが気持ちいい!
木津川CRを終点手前あたりまで進み、そこから赤ビアさんのご案内で目的の1軒目へ。

1軒目:REGAL(レガル)
レガル

白い外壁が印象的な、お洒落な雰囲気のお店でした(お店の外観写真撮ってないですが…)。
僕たちが着いたのはたぶん9時半~10時くらいだったと思いますが、お客さんが次々にやって来てとても繁盛していました。

ここではクルミ入りのパンと赤ビアさんオススメのシュクレブール(三日月状のパン)の2つを購入。
シュクレブールはタイミングよく焼きたてをGETできました!
(写真に収めず食べちゃいました…ブロガー的にはアウトですねぇ。)
他にも美味しそうなパンがたくさんありましたが、2軒目もあるのでここでは2つに留めておきました。

2軒目:パン オ セーグル
パンオセーグル
パンオセーグルとViper

天然酵母パンを売りにしたパン屋さん。
店内にはなぜか本物の電車がドーンと置かれています。
なぜパン屋に電車?それにしてもすごい迫力!
ってこちらも写真撮るの忘れてました。
(写真に収める習性の無いブロガーってやっぱダメですよね…)

肝心のパンはどれも美味しそうだったのと、お腹が減ってたのと、家族へのお土産もあっていろんな種類をたくさん買っちゃいました。
クリームパン、ショコラデニッシュ、ピロシキ、カツサンド、ナチュラルライブレッド ハーフサイズ(←胡桃やレーズンなどが入ったちょっと硬めのパン)…。

そのパン屋さんの向かいのセブンイレブンでコーヒーを買い、購入したパンで朝食タイム。
僕は1軒目レガルのシュクレブールと、2軒目パン オ セーグルのカツサンドをいただきました。
いやーとても美味しかった!
特に赤ビアさんおすすめのシュクレブール。これがめちゃ美味かった!
さすがパン屋狩人さんオススメだけありました。次来た時は家族の分も買って帰ろうっと♪

美味しいパンを食べながら話も弾みます。
自転車のこと、家族のこと、パン屋さんのこと…。

赤ビアさんの、趣味(自転車)を楽しみつつ、ご家族も大事にされていいご関係を築かれていらっしゃるご様子は正に僕の理想とする家族像で、見習うべき点がたくさんありました。
僕も娘がもう少し大きくなったら家族でサイクリングを楽しめる関係でいられるように、家族も大事にしながら自転車続けたいものです。

パンをおいしく頂いた後は、木津川CRに戻り、御幸橋まで戻り、解散。
帰りもViper2台で仲良くダベリング。
行きが向かい風だった分、帰りは追い風を期待しましたが、この日は風向きが気まぐれで、横風、向かい風ところころ風向きが変わります。それでも天気が良かったのでわりと走りやすく、気持ちよいライドを楽しめました。

というわけで、第1回Viperスカイブルー隊 走行会、僕的にはとても楽しく終えることができました。
赤ビアさん、今回はどうもありがとうございましたm(__)m
僕も次回以降のために、いいルートやおいしいパン屋やお店を開拓しまっす!

今回の反省点は、撮った写真が少なかったこと。
ヒルクラTTばっかやってるとどうも写真が二の次になりがちです。
でもグルメライドには道中やお店、食べたものなどの写真がやっぱり必要ですね。
ブログ書いてて気付きました・・・(遅っ

とりあえずお土産に買って帰ったパン達を撮ってみました。
美味しそうでしょ!?
パン


家族で美味しく頂きました。
どれも美味しかったですが、2軒目のパン オ セーグルで買ったピロシキとナチュラルライブレッドが特に美味しかったです♪

走行距離:66.5km
平均速度:21.8km/h
スポンサーサイト
  1. 2015/03/30(月) 18:37:31|
  2. ロードバイク
  3. | コメント:4

O.H.C走行会(柳谷~金蔵寺)参加しました

3月21日午前中、O.H.C(大阪ヒルクライム同好会)の走行会に参加してきました。

関西ヒルクライムTTサイトを見ていると、登録者の方のリンク先などから、O.H.C(大阪ヒルクライム同好会)なる会があることを少し前に知りました。
主に京阪神地区を拠点として関西のいろんな峠を上っていらっしゃるヒルクライム好きの方々の同好会だそうです。

そのO.H.Cのサイトを見ていると、たまたま3/21に僕のホームコースである柳谷や金蔵寺ヒルクライムTT走行会をされるというのをつい数日前に知ってしまいました。
おお、なんというタイミング!ちょうどその日、柳谷のTTをしようかな~と思っていたところでした。
行ってみたいな~、参加してみたいな~。

というわけで部外者ながら直前に参加をお願いし、ほぼ飛び入りで参加させていただきました。

イベントは柳谷(大阪側)TT、金蔵寺TTの後に昼食、紅葉峠TTとヒルクライムTTづくしが予定されているようでしたが、ぼくは午後から仕事だったので、午前中の柳谷(大阪側)TTと金蔵寺TTまで参加し、途中離脱させてもらいました。

走行会は総勢約20名と多数の方が参加されていました。
20人もの人が並んで走る様は、普段1人で乗っている僕には圧巻の光景でした!

集合場所の御幸橋で、参加者一人ずつ簡単な自己紹介。
みんな、関西ヒルクラTT登録者です。
お名前(H.N)を聞いていると、ランキング上位でよく目にする方もちらほら。
またSTRAVAの区間エクスプローラー(TT区間)の上位でよく見かける方も!
なんかちょっとした有名人を見る気分。
後で調べてみたところ、大正池を18分台とか、20分以内で走っている方もいたり。

参加者の皆さんのバイクも様々でしたが、普段お目にかかることのないカッコイ~バイクが多数!
さすがにヒルクライム同好会だけあって、ほとんどが軽量カーボンバイクで、クロモリは僕以外いたのかな?という状況。
ホイールもDURAやシャマルやレーゼロやカーボンディープなど、ウラヤマシ~!!

いや僕のTiagraの鉄車Viperも気に入って大事に使ってますよ。

走行会の詳細は、O.H.C会長のヤス吉さんのブログに詳しく書かれています。

肝心のTTについてですが、まずは柳谷(大阪側)。
20名が順次スタート。これだけの大人数でTTすると、ちょっとしたヒルクライムレースのような気分を味わえました。
そして皆さん速い!
さすがヒルクライム好きの集まりだけあって、とても速かった。
僕も刺激を受けて頑張りましたが、あとからスタートされたスゴイ方々に
「えっ!?ここって平地だっけ?」
というような速度で抜かれてしまい、あっという間にチギられてしまいます。
それでも速い人と一緒に走るといつも以上に力が出て、僕もけっこう頑張りました。

ちなみに僕のTT結果は・・・
13分24秒!
自己ベストを75秒更新!

やっぱり一人で走るより、周りと競いながら走るほうがアドレナリンが出てタイムもグーンと伸びました。
それにしても一気に75秒更新はよく出来た。
これまでの自己ベストはシッティングのみの記録だったけど、やはりダンシングを交えたらタイムが伸びた。

続いて金蔵寺。
柳谷を長岡京側に下り、金蔵寺へ移動。
途中、和菓子屋で甘いものを補給し、金蔵寺へ。

柳谷でかなり力を出し切った後ですが、もう一丁頑張りました。
金蔵寺、改めて思ったけれど、後半1kmくらいがえげつない。
◎印のコンクリート舗装の激坂は斜度20%以上ありそうな感じ。
それでも、複数人で競いながら上ったので、こちらもアドレナリン効果で足が止まりません。
最後はかなりしんどかったですが、結果は18分13秒。自己ベストを100秒更新!
こちらも頑張りました。

ここでタイムアップ。
午後から仕事のため、メンバーの皆様にご挨拶して途中離脱しました。

O.H.C、和気あいあいとしていい感じのクラブでした。
今回はあまり皆さんと会話する時間がありませんでしたが、次回、機会があればまた参加させていただきたいです。
今日はありがとうございましたm(__)m
  1. 2015/03/22(日) 23:57:46|
  2. 関西ヒルクライムTT
  3. | コメント:4

平地トレ2

昨日は”平均30km/hを力を抜いて維持する”をテーマにした取り組みを書きました。
今日も引き続き平地トレーニングネタです。

ヒルクライムにはまっている僕ですが、内心ロードの一番の魅力は”スプリント”だと思っています。
自転車で「速く走りたい」というのは、「長距離のアベレージスピードを上げたい」とか「ヒルクライムで速く上りたい」というのももちろんありますが、根っこの部分では誰しも「トップスピードを上げたい」というのが一番じゃないかな。
ロードレーサーに憧れて自転車に乗った人なら誰しも最速スプリントに対する憧れはきっとあると思う。

陸上競技で言う100m走。
子供のころ、かけっこが速い奴って憧れの的だったでしょ?

というわけで、僕もときどき通勤ルート中のSTRAVAのTT区間でスプリント挑戦しています。
最近、帰宅時に河川敷の1.8kmのほどよいスプリントコースを見つけました。

何度か挑戦してますが、今のところ平均36.2km/h、2分56秒が僕のベストタイム。
まだまだですね~。

平地スプリントはがむしゃらに漕いでも速く走れない。難しいです。
3本ローラー稽古が必要かな?(先立つものが…

というわけで最近の帰宅コースは、
・1.2kmのショートクライム
・約6kmの平坦コースAvg30km/hキープ
・1.8kmのスプリントコース
のパターンが多いです。

距離は大したことないけれど、いろんなメニューが網羅されてて面白いです。
毎日やればそれなりのトレーニングになるかな。

…と、競技者でもないのに、一体何を目指しているのか?
今後の方向性に迷いつつ、自分の成長を確認するため一度何かのレースにエントリーしてみようかと考え始めている金魚ちょうちんでした。 続きを読む
  1. 2015/03/20(金) 19:06:26|
  2. ロードバイク
  3. | コメント:8

平地トレ

最近すっかりヒルクライムネタ一色になりつつある当ブログですが、普段は平地も走ってます(当然ですが
たまにはヒルクラ以外のネタ、ということで今回は普段平地でやっていることを書いてみます。

今はヒルクライムにはまってますが、自分としてはクライマーに特化したいわけではなく、平地もスキルアップして颯爽と走りたい。
というわけで、本ブログには今まで書いたことがありませんでしたが、一応、平地でも通勤ルートでトレーニングをしています。

最近のテーマは
“「速く走る」と「楽に走る」の両立”
です。

最近よく通勤帰りに、川沿いで見通しがよくて信号の無い約5~6kmの平坦路を走っています。
ここを30km/h以上で走ることが自分の中の課題です。
また、ただ単に30km/h以上で走るのではなく、常に力を抜いて楽に走ることを意識するようにしています。
単に30km/hを5、6km程度維持するだけなら、頑張って漕げば今でも一応達成はできます。
しかしこれでは意味が無い。
たとえば30km/hを1時間維持できるか?
あるいはもっと長時間、長距離を30km/h維持できるか?
ということを念頭に置きながら、力を抜いて走るよう心がけています。

なぜなら、僕の大きな目標の一つとして、
”ビワイチを平均30km/h以上で走り切る”
というのがあるからです。(言っちゃった

現状の自分の実力を考えた場合、無謀な目標かもしれません。
いつ達成できるかわからないし、いつまでも達成できないかもしれない。
でも僕の中では大きな目標の一つとしてこの”ビワイチ平均30km/h”というのがあります。
なぜなら身近にそれを達成している奴がいるから。
自分にもできないことは無いと信じて精進したいと思う、今日この頃です。

…いつからこんなストイックになったのか。
僕は一体何を目指しているのだろう…。
  1. 2015/03/19(木) 20:41:05|
  2. ロードバイク
  3. | コメント:2

覚醒!?

3月17日

今日も通勤帰りにショートクライムTTを実行。
昨日と同じくダンシングを入れてどこまで伸びるかやってみました。

今日のコースは昨日とは違うコースだが、ほぼ同じような距離、斜度のコースです(昨日のコースの1本隣の道)。

距離1.2km、平均斜度6%のショートクライム。

昨日までのここの自己ベストは4分7秒、トップタイムは3分53秒。
自己ベストを記録したのは確か高ケイデンスのシッティング走法をしていた頃。
トップタイムまで14秒、KOM獲得は難しいな~と思ったのを覚えています。
それ以来、もう一方(きのうのコース)ばかり走っていたので、今日のコースは久しぶりの挑戦。

スタートしてしばらくすると、なぜだか足が軽い。
いつもよりギア1枚分くらい軽く感じる!なんでだろう??
実際、いつもはリア30Tまで使い切るのに、今日は27Tまでで十分でした。
足もよく回る!いつも通りのケイデンスで1枚重いギアを回せる感じ。
所々で足休めのダンシングを効果的に挟む。
ダンシングも引き手引き足のタイミングがうまくはまったのか、リズミカルでいい調子!
走っている途中ですでに記録更新を確信できるほどよく進みます。

結果は3分39秒。
自己記録を28秒更新。
KOMも獲得!

たった1.2kmのコースで一気に28秒も更新できました。
自分でもびっくり!
何か覚醒したか?

ダンシング効果以外にもいくつか気付きがあった。
・ギア比の選択
今までのギアは軽すぎだった。全体的に1枚重くして大丈夫。リア30Tもいらない。
一定のリズム(ケイデンス)を保ちながらテンポよく進めるギアを選ぶ。重すぎても軽すぎてもダメ。
・ペダリング
引き手引き足を同調させ、リズミカルに登ること。踏み足厳禁。特にダンシングで効果を実感した。

でもここまで一気に更新できたのは自分でもびっくりでした。
初心者ゆえに、何かがきっかけでグーンと伸びる時があるのかもしれません。
その「何か」が今ひとつわからないですが。

とりあえず、今の感触を忘れないうちに、全部シッティングで出した柳谷(大阪側)の自己ベスト更新に近々チャレンジしてみよう。
ここ数日のチートっぷりが本物かどうかがハッキリするはず。
  1. 2015/03/18(水) 19:27:22|
  2. ヒルクライム
  3. | コメント:2

【前言】やっぱりダンシングは必要【撤回】

どーも、金魚ちょうちんです。

今までの浅いヒルクライム経験を通して、TTで速く登るには
・ダンシングはほぼ不要
・一定のケイデンスを保ってシッティングで登れば効率よく、速く登れる
という自分なりの結論(単なる思い込み?)に達し、最近ひたすら高回転シッティング走法にこだわってTTしておりました。

この走法だと、確かにダンシングを多用したときと比較して疲労が少なく感じたので、エネルギー効率は良いに違いないとおもっていました。また、通勤トレでもダンシングを多用した場合とシッティングのみで登った場合で、シッティングのみのほうが記録がよかったし、疲労度も小さかったので、これはシッティングのみの走法が正しいと信じていました。

ところが先日、久しぶりに大正池TTをやってみて、シッティングのみの走法で記録更新を狙ったのですが、結果は前回より1分以上遅いタイムでした。
その翌日は、柳谷(長岡京側)TTをダンシングを使って登ると、自己ベストを1分以上更新しました。

な、なんと!
自分が良いと信じて取り組んできた方向性と結果が見事に真逆になってしまいました…。
しかも、わずかな差であればまだしも、どちらも1分以上の大差が付いて。
正直混乱しました。
大正池は何が悪かったのか?
柳谷(長岡京側)は何が良かったのか?

共通点は、どちらもダンシング。
大正池はダンシング無しで記録ダウン。
柳谷(長岡京側)はダンシング有りで記録更新。

こうなるとシッティングのみの高ケイデンス走法の信ぴょう性がグラグラと揺らぎます。
やっぱりダンシングしたほうが速くのぼれんじゃないか?

それを確かめるため、今日、いつもの帰宅中通勤トレーニングコースをダンシングを使って登ってみました。
結果は3分36秒。これまでの自己ベスト(3分40秒)を4秒更新!
しかも今日は途中前を走る遅い車のブロックに合い、数秒間ロスしています。これが無ければもう3、4秒は速く走れていたと思う。
今まで何度もシッティング走法でトライしてやっと出した記録を、ほとんど練習していないダンシングを使って簡単に更新してしまった。。。

やっぱりダンシングは必要なのか!?
以前記録が伸びなかったり、すぐ疲れたりしていたのは、単に僕のダンシング下手のせいだったからなのか?
でもこれまでほとんど練習してないダンシングが急に上手くなったとは考えにくい。
とはいうものの、それ以外に合理的な理由が見当たらないのも事実。
あと、確かにダンシング自体の練習は少ないけれど、シッティングを通して学んだペダリングは自然とダンシングにも生かされているのかもしれない。
例えば引き手と引き足の同調タイミング、踏み足は力を抜くこと、ギアはリズム良く回せるギア比を選ぶ(重すぎも軽すぎもダメ)など。

今までさんざんダンシングは不要だの、エネルギー効率がどうだの、高ケイデンスがどうだのウンチク垂れてた僕っていったい…。いやぁかなりの見当違いだったのかな?(恥)

ともかく、シッティングのみの軽いギア高ケイデンス走法はスピードが出ないので、記録を伸ばすにはちょっと限界がありそうだなーと感じてはいましたが、今回それがはっきりしました。
今後はダンシングを取り入れよう!
適切なギア、適切な使いどころ、適切なフォームを身に付ければグーンと記録アップの予感が!
ダンシングマスター!
いい響きだ!
サタデーナイトの香りがする!(違うか!?

と、こんな感じで数日前言ったことを簡単に覆す金魚ちょうちんでした。
  1. 2015/03/17(火) 03:28:21|
  2. ヒルクライム
  3. | コメント:6

TRDISTメンテ&柳谷(長岡京側)TT

3月15日

昨日のViperメンテに続き、今日は雨天通勤用クロスのTRADISTのメンテです。
雨天に乗るので本来ならこまめなメンテナンスが欠かせないのですが、最近仕事の忙しさにかまけてちょっとメンテがおろそかになっておりました。
そのためブレーキや変速性能がここ最近ガタガタになっておりました。
さすがにまずいと思い、今日はこのTRADIST君のメンテをします。

フレーム、ホイール、ブレーキの清掃をした後、RDの清掃、調整に取り掛かるつもりでした。
しかし、RDが重傷で、シフター、RDにつながっているアウターケーブル内部のインナーケーブルがどちらもどうしようもないくらい錆びていました。さすがにひどい。。。かなり反省しました。
2015031520335792e.jpg
201503152033586b3.jpg

この際シフターとRDを新品に交換します。
元々ついていたのはSRAMのX3というシフターとディレーラー。
正直性能はいまひとつ。いずれシマノ化するため、ずいぶん前にサイクルショップ フラワーさんで交換用シフター&RDを購入しておりました。
8s用のシフターとアルタスのRD
201503152034013a4.jpg
20150315203400e48.jpg
こんな感じになりました。
201503152034033c9.jpg
ついでにスプロケとチェーンも新品交換。
このバイク、今回の交換でコンポはクランク以外全部交換したことになります。
今後はきちんとメンテしてあげよう。ごめんねTRADIST君。

メンテが終わったら時刻はすでに夕方。ちょっと迷いましたが今日も懲りずにヒルクライムに出かけます。
先日抜かれた柳谷(長岡京側)の平均くんにリベンジするぞ~!
昨日の大正池TT結果を受けて、シッティングのみの高ケイデンス走法にちょっと迷いがでています。
今日は試しにダンシング解禁し、感性にまかせて自由に上ってみました。
結果は16分33秒。
なんと自己記録を1分9秒も更新!
あれだけ苦戦していた平均くんも1分以上の差を付けて撃破できました。
感覚的にはそんなに速く登れた感じはしなくて、かなりしんどかったので、結果にかなりびっくりしました。
本来すごくうれしいはずのタイムなんだけど、手応えと結果が一致しなくてなんとも複雑な気分。
もちろん結果はうれしいですが、なにが良かったのかいまひとつわからない。
あと結果からやはり全部シッティングの高ケイデンス走法だけでは限界があると感じました。
今後の課題は適材適所のダンシングを身につけること。
素人の自己流走法で回り道をしている気がしなくもないですが、これからも試行錯誤しながらやっていきたいと思います。

  1. 2015/03/15(日) 21:10:41|
  2. 未分類
  3. | コメント:8

Viperのメンテ&木津川CRライド

3月14日

今日は朝から雨だったので、Viperのメンテをします。
いつもはチェーンとフレームの清掃程度なのですが、いろいろ気になるところが出てきたので、今日は他のところも点検・整備します。
・フレーム、クランク、FD、RD、ケーブル類の清掃
・チェーン交換
・ブレーキシュー交換
・BBのグリスアップ
等をやりました。
ちなみに昨日はホイールのハブ、フリーのグリスアップをやりました。

フレームのお掃除にはこれが便利。
ブリジストンのポリッシュ100
KIMG0548.jpg
フレームについた油汚れも簡単に落ちます。
最近、自転車道場のお掃除スレでも紹介されていましたね。

続いてルブリカント
KIMG0549.jpg
ウエスに適量を染み込ませてケーブルを拭き拭き。
変速やブレーキの引きが軽くなります。
ただし付けすぎるとホコリを呼ぶので注意。
最初は良くてもすぐに重くなってしまいます。
仕上げに乾いたウエスでしっかり拭き取ります。

ViperのBB。意外と中は綺麗でした。でもせっかくなのでしっかりお掃除。
KIMG0528.jpg

BBはBB-4600。ベアリングの回転がかなり渋い。
KIMG0530.jpg

シールを破損しないように気を付けながら、マイナスドライバーで慎重にシールを外します。
デュラグリスがたっぷり詰まっていました。ちょっとピンボケ。
KIMG0533.jpg
デュラグリス、粘度が高く重いと不評なのは知っていましたが、今回それを実感しました。
新しく入れるのはフィニッシュラインのプレミアムテフロングリース。
こちらは今回初めて使いましたが、思ったよりも粘度が高め。
その分耐久性はありそうな感じがします。
指に取って伸ばすとなめらかに伸びます。
KIMG0534.jpg
パーツクリーナーでデュラグリスを落とし、ウエスでしっかり拭き取ってから、この新グリスをベアリングにしっかりと塗り塗り。
KIMG0535.jpg
シールを嵌めて回転を確認。元の状態よりはだいぶ軽くなった気がします。

BB・クランクを取り付け、新品チェーンをつなぎます。
最後にリアのブレーキシューが減っていたので交換。
よく見ると金属粉が埋まっていた。リムを傷つける元ですね。
普段からチェックしないといけないな。
KIMG0536.jpg

さて一通りメンテが終わったところで、午後には雨が止んでいました。
変速調整やグリスアップの効果(回転部分の抵抗)を確認するために、試走に出かけます。

いつもはヒルクライムに出かけるところですが、今日は木津川CRを走ることに。
アジャスターボルトを微調整しながらCRを木津川方面へ走りました。
Viperのダウンチューブに付いているのははアウター受けではなくWレバー台座なので、走りながらアジャスターボルトを微調整できて楽です。

ある程度調整もできました。
流れ橋をすぎてしばらく進み、ベンチのある広場あたりまで来たところで一旦休憩。
木津川CR途中のベンチ
新グリスによる回転部分の変化ですが、正直よくわかりませんでした。
ホイールに元々入れていたのはAZのシャーシーグリース。
こちらはちょう度1号でかなり軽かった。たぶん軽さではこちらのほうが上な気がします。
ただ耐久性はフィニッシュラインのテフロングリースのほうがありそう。
ZONDA君には長持ちして欲しいので、今後はテフロングリースにする予定。
BBの回転は気持ち軽くなった(と思いたい)。

右足のクリート位置がちょっと気になり微修正し、再出発。

さてこれからどうしようか。
せっかくここまで来たので、まだ行ったことのないこの木津川CRの終点まで行ってみよう。
また途中の大正池TTもやってみよう。

大正池まで進みます。
木津川CRは結構風が強い。
行きは追い風で簡単に40km/hくらい出ます。ちょっと嫌な予感。帰りは向かい風…

大正池TTスタート地点が見えてきました。
大正池TTスタート地点

約2ヶ月半ぶりの大正池TT。
前回からそれなりにトレーニングしたつもり。今回記録を伸ばせるか?
また最近使っている、シッティング高ケイデンス走法がどれだけ有効かを確かめます。
スタートし、予定通り高回転で進みますが、どうも体が重く、スピードが出ない。
大正池くらいの緩い斜度だとこの走法だけではだめなのか?
あと途中12分くらいのところでストップウォッチが止まってしまい、途中からタイムがわからなくなってしまいました。
ストップウォッチのボタンがどこかに当たってしまったのかな?
帰宅後にSTRAVAのタイムを確認すると、結果は23分。自己ベストより1分13秒遅かった。
比較すると、1km過ぎくらいから最後まで徐々に遅れていった模様。
大正池TT比較
うーん、不本意…
最近つかんだと思っていたシッティング走法、ちょっと自信が無くなってしまいました。
やはりダンシングも出来ないとダメなのかな。
ともかくそれなりにトレーニングを積んだつもりなのに前回よりも1分以上記録がダウンしていることがちょっとショックでした。まあ高々2ヶ月半程度の期間の結果に一喜一憂してもしょうがないかな。もう少し長い目で見て頑張ろう。

大正池を後にし、木津川終点を目指します。
井手町から終点の木津川市までは工事中区間が多くて走りにくかった。
時間もだいぶ遅くなり、日も沈みかけてきたころにようやく終点に到着!
木津川CR終点
時間は17時30分を回っていましたが、まだ明るい。だいぶ日も長くなりました。
とりあえず今日やりたかったことは出来た。
すぐに引き返して帰路につきました。
帰りはやっぱり向かい風がきつかった…
雨あがりを走ったので、帰宅したころにはせっかく掃除したViperがまたドロドロになっていた(T_T)
  1. 2015/03/15(日) 10:19:32|
  2. ロードバイク
  3. | コメント:2

何かコツをつかんだかも!?

通勤帰りのヒルクライム練習コース、距離1.1km、平均斜度6%の短いコースです。
ショートクライムコース
2月始め頃から走り始め、約1ヶ月半が経ちました。
ここでいろんなギア比を試したり、シッティングとダンシングの使い分けを試したりしながら、どうすれば効率よく速く登れるかを研究しています。

また同時に、このコースのKOMを目指してTTにも挑戦していました。
これまでのトップタイムは3分42秒。僕の実力からすればかなり手ごわい記録です。
僕はといえば、挑戦を始めた当時は4分以上かかっていました。
それから約1ヶ月半、徐々に記録を伸ばして3分40秒台をコンスタントに出せるようになってきました。
結果

このコースを挑戦するうちに、斜度10%未満程度であればシッティングで高ケイデンスで回す走り方が一番効率よく登れるという結論に至り、最近はこのコースは全部シッティングで登っていました。
ただ、なかなかトップタイムの3分42秒を超えられずにいました。

3月12日、いつものように帰り道にこのコースのTTにトライしました。
この日もいつものようにシッティングで回していきますが、なぜかこの日は足が軽い。
感覚的にはいつもの8割くらいの力で、速度はいつもと同じかそれ以上に感じます。
なぜだろう??
ヒルクライムの場合、平地と違って速度が遅い分、平地ほどは風向きの影響を受けません。
この日はほぼ無風で風は特にいつもと変わらず。でも足はよく回る。不思議な感覚です。
一つ言えるのは、この日はいつもよりも力が抜けていたように思います。
いつもはタイムを意識して一生懸命回そうと足に力が入っていた。
特に踏み足のほうに力が入っている感覚があった。
この日はうまく力が抜けていて、いつもより踏み足に込める力が少なくて楽に登っている感覚がありました。
それなのに回転速度はいつもよりも速く感じる。
うまく引き足が使えているのだろうか?それとも引き手?たまたま体調が良いだけか?
よくわかりませんが、終盤になってもバテてペースダウンすることなく登れたので、ラストスパートをかけてゴール地点を通過しました。
結果は3分40秒。見事KOM獲得!
ランキング
何か今までとは明らかに何かが違う、もう1段階上に行くための技術的な何かをつかみかけた気がしました。
気のせいかもしれませんが…。
・踏み足と引き足のバランス?
・力を入れる場所と抜く場所?
・上半身の使い方?
振り返ってみてもはっきりとした答えは頭で考えても出てこないのですが、何かが違ったのは確かです。
それが何なのかを確かめるためにもまた明日から帰り道に研究を続けたいと思います。
  1. 2015/03/14(土) 22:47:19|
  2. 通勤
  3. | コメント:0

善峯寺(前半)TT (ついでに柳谷(長岡京側)も)

3月8日(日)早朝。

先日の風邪や怪我もだいぶ治りました。
久しぶりにヒルクライムTTに出掛けます。

今日はまだTT未挑戦の善峯寺(前半)にチャレンジ。
関西ヒルクライムTTでは、この善峯寺コースは前半と後半で分かれています。
・善峯寺(前半):標高差220m、距離2.5km、平均斜度8.8%、最高斜度約25%?
・善峯寺(後半):標高差174m、距離1.2km、平均斜度14.2%、最高斜度約30%?
去年、暗がり峠に挑戦中(今もですが)に練習で一度このコースを走りました。
前半コースも終盤20%越えのあるかなりの急坂。
後半コースに至っては20~30%クラスの区間が随所にある激坂で、暗峠を彷彿とさせます。
へたれの僕は今回のTTチャレンジは前半コースのみの予定。
後半コースはまたいつか…

スタート地点手前のよしみねゴルフ倶楽部
KIMG0523.jpg

前半1.5kmくらいまでは斜度も比較的緩く、シッティング主体で軽快に進みます。
なかなかいい感じで進めてる気がする。
最近のトレーニング効果が出てきたか!?
・過負荷にならず、高めのケイデンスで軽く回せるギアを選ふ。
・決して力んで踏み込まない。踏み足と引き足のバランスを意識してスムーズな回転を心がける。
・重心は平地走行時よりも気持ち前荷重で、上体を起こして呼吸のしやすいポジションをとる。
浅い経験から得た現時点での僕なりのヒルクライム走法です。
エネルギー効率がよく長距離コースにほど威力を発揮します。
重めのギアで踏んだり、ダンシングを多用してみたりいろいろ試しましたが、今のところこの走法が一番合っている気がしています。
半年後には違うことを言っているかもしれませんが…

軽ギア高回転、小野田坂道走法!?
あとは「恋のヒメヒメぺったんこ」を口ずさめば
リズムに乗ってケイデンスを保てればバッチリ!?

でもこの走法、効果があるのはシッティングで登れるところまで。
柳谷や通勤トレもほとんどシッティングなので、ダンシングのスキルが一向に上達していません。
後半、斜度がきつくなってからダンシングが多くなりますが、相変わらずイマイチ。
いろいろダメなのはわかってるんだけど、なかなか感覚的につかめない。
ラスト500mくらいはグッと勾配がきつくなる。
平均15%以上、部分的に20%を越える激坂を前に息も絶え絶え。
何度も心が折れかける。足を付いて休みたい!
クランクが回らない。足を付いて休みたい!
シッティングにも戻れない。足を付いて休みたい!
最後は歩くくらいのヨチヨチダンシングでなんとかゴール。
その場にへたり込み、数分間ぐったり動けませんでした。
こんな調子じゃ暗峠攻略は夢のまた夢だなぁ…。

結果は11分5秒。いちおう平均くん(11分31秒)はクリア。
後半バテバテで失速したし、ダンシングも辛かったし、とにかくしんどかった。
ダンシングのスキルを磨いてまた今度チャレンジしよう。
とりあえずゴール地点(=後半のスタート地点)の写真を撮って、元来た道を引き返します。

前半ゴール地点
KIMG0525.jpg

そのまま後半コースへ。20%以上の激坂のつづら折れが続く。
1426158520474.jpg

善峯寺を後にしてまだ時間もあったので、ついでに柳谷(長岡京側)TTもやりました。
先日抜き返された平均くんを再度抜き返したい!
気持ちも新たにレッツトライ!
…といきたかったですが、善峯寺で力を使い果たした後もあってペースが上がらず記録は18分4秒。
自己ベスト(17分41秒)よりも23秒遅いタイムでした。
平均くんが遠い…
こっちも日を改めて再チャレンジしよう。
  1. 2015/03/12(木) 20:21:16|
  2. 関西ヒルクライムTT
  3. | コメント:2
次のページ

プロフィール

金魚ちょうちん

Author:金魚ちょうちん
自転車通勤をきっかけにクロスバイク、ロードバイクとはまってしまいました。
京都は西山を中心に峠を徘徊しています。
所有バイク:
 ロード:Basso Viper
 クロス:Giant Tradist

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (18)
ロードバイク (19)
クロスバイク (0)
ヒルクライム (38)
STRAVA (1)
関西ヒルクライムTT (10)
自転車道場 (0)
通勤 (2)
O.H.C (4)
ペダリング (3)
柳谷登坂隊 (3)
ポタリング (2)
整備 (2)
レース (2)
月曜道上 (2)
パーツ (1)
雑感 (1)

カウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。